みなさんこんにちは。酔う(よう)さんです。

さて、吉祥寺の4軒目。吉田類さんが酒場放浪記で行ったお店があるということで、すいさんの後をついて吉祥寺駅から東側へ歩きます。このあたりはキャバクラ密集地帯なので、途中何度となく声を掛けられます。昔から全然変わってませんね。。。
f1603f45.jpg

すると程なくして玉秩父という暖簾のかかったお店に到着。ドアが少しだけ開けてあるんで、店内をのぞくことが出来ます。渋い感じでいいですねー。早速入ろうとしたところ、すいさんが、もう少し周りも見てみよう言いだして、少し躊躇しているようです。

まぁ折角なので、少し周辺のお店も見てみましょう。昔は気付かなかったけど、このあたりにも良さそうな居酒屋さんがいくつかありそうですね。中にはたくさんのお客さんで賑わっている店もあります。

でも初志貫徹。玉秩父の渋い感じがいいです。躊躇しているすいさんを押し切り、店内へ入ってみます。

いらっしゃい!元気の良いご主人と奥さんがお出迎え。

すいさんが、『初めてなので少し緊張してます』と言うと、ご主人が『緊張なんかすることないよー。いっぱい呑んで食べてくれればいいんだよー』と大きな声で笑って、我々の緊張をほぐしてくれます。常連さんばかりの店内。あまり飛び込みで入ってくることが無いようで、少し珍しがっているようです。

L字型のカウンターのみの店内。いい感じで使い込まれてますね。こちらに店を構えて40年。開店当時はカウンターの側面を赤く塗っていたそうで、色褪せているものの、確かにほんのり赤い色をしてます。ご主人は元力士とのことで、お店の中には当時の写真が飾られてあったりします。なるほど、当時の四股名(しこな)が店名なんですね。

まずは芋焼酎の水割りで乾杯!
55c0d380.jpg

【芋焼酎とおから】
おからはお通しですが、おひたし等、いくつかの種類から選ぶことが出来ます。奥さんの手作りな感じがいいです。
4ac976f8.jpg

【銀鱈の煮つけ】
銀鱈と一緒に豆腐が煮付けてあります。優しい味ですね。酒が進みます。900円

88e6e502.jpg

【穴子の白焼き】
煮付けも美味しいですが、白焼きもいいですね。酒の肴にぴったり。900円

d082cb67.jpg

【青唐辛子のおにぎり】
常連さんのオススメで頂きましたが、これは美味しいですね。ピリッとした辛さがちょうどいい感じです。

あと、隣に座っていた常連さんから、なめろうを頂いてしまいました。すいさんが『美味しいそうですね~』なんて話かけたことがきっかけ(笑)すいません。

66fc16f8.jpg

【緑茶ハイ】
最後に緑茶ハイを追加。これは抹茶ベースのようですね。

他に気になったメニューもあったけど、この日は既に4軒目なので、この位にしておきましょうか。今度来たら、すり身汁を食べてみたいですね。でもボリュームがあるとのことなので、通みたいに、半すりにしようかな(笑!常連さんに教えてもらいました)
 
お客さんは我々以外は常連さんばかり。でも、むしろ皆さん我々二人を歓迎してくれて、親切に色々と(裏メニューまで!)教えてもらいました。

お会計を済ませて、店の外に出ようとすると、ご主人が『もう1回よく顔みせてくれよ。今度来た時にちゃんと覚えておくから』と笑顔で送ってくれます。一見で来る客には冷たいお店が多いですが、こちらは逆に温かいのです。いやー、ご主人は憎めない人柄ですね。料理も雰囲気もそうですが、ご主人と奥さんの人柄もお客さんが集まる理由の1つなんでしょうね。

良い皆さんと居酒屋に出会いました。どうもご馳走さまでした。またお邪魔したいと思います!

ろばた焼 玉秩父ろばた焼き / 吉祥寺駅井の頭公園駅
夜総合点★★★★ 4.0