みなさん、こんにちは。 ようです。

IMG_6679
今回訪問するのは、『吾妻橋やぶそば』。やぶそばの暖簾分けしたお店のようだ。過去何度が訪れようとしたけど、いつも人が並んでいたのでそそくさと諦めていた。今回店の前を通ってみたところ、なんと行列がない。では、早速店に入ってみよう。

入ってみると、店内にお客さんが並んでいた(汗)といっても2組だけ。待つこと15分程で、席に通される。
 
IMG_6681
もちろん蕎麦がメインなので一応チェック。  

IMG_6685
といっても気になるのはこちらのメニュー。蕎麦屋さんらしくドリンクはシンプルなラインナップ。蕎麦前は何にしようかな? 

IMG_6692
【ビール(小):500円】
お酒を頼むとお通し(サービス)として蕎麦味噌が付いてくるのは、神田や並木、そして池之端の藪そばでも同じ。これをチビチビつまみながらビールを飲む。

でも、これだけだと足りないので、きちんと?肴を注文。

IMG_6686
【鳥わさ:500円】
ということで注文したのは鳥わさ。程よく湯引きされた鳥のササミは、シンプルな味付けと相まって美味しい。しかも、蕎麦前としては500円ということでお安い方だと思う。他のお店で頼んだらもう少し高めだと思う。
 
IMG_6689
【わさび漬:300円】
続いてはシンプルにわさび漬。軽く醤油をかかっており、これもまたチビチビ頂く。蕎麦屋の一品料理はビールよりも日本酒にあうものが多い。大昔の蕎麦屋さんにはビールなんか無かっただろうから、まぁ、当たり前といえば当たり前か。

そしてお待ちかねの蕎麦がやってきた。
          
IMG_6699
【もりそば(小):700円】
まずは、もりそば。サイズは小にしたこともあって、やや少なめ。さっそく食べてみると、細い蕎麦なんだけど、しっかりとコシがあってのど越しも良い。いや、この蕎麦本当に美味しい。繰り返しになるけど、硬くて食感があるのではなく、しっかりとしたコシがあるのがよく分かる。
 
IMG_6706
【鴨汁そば:1,500円】
続いては鴨汁そば。蕎麦は一緒なので間違いないけど、果たしてつけ汁はどうかな?と思って食べてみると、甘辛い濃い目のつけ汁は鴨との相性も良いが、それ以上に蕎麦との相性もバッチリ。蕎麦の風味を消してしまうかなと思ったけど、心配ご無用。つける量を調整すればちょうど良いバランスで頂ける。

まぁ、つけ過ぎてはいけないのは他の蕎麦を食べるときも一緒だけど。

 
IMG_6715
そして最後は蕎麦湯でしめる。 
 
蕎麦だけを食べている人もいるけど、やはり蕎麦前を頂きながらお酒を飲んでいる人が多い。蕎麦前というと、割高感があるお店が多いけど、こちらは適正価格だと思う。

それにも増してビックリしたのは、蕎麦の美味しさ。細めながらもしっかりとコシがあり、おかわりしたくなった。藪は藪でも店によって全然味が違うから面白い。お世辞抜きに最近食べた蕎麦の中では一番美味しかった。

残念なのはお店が少々小さいので、タイミングによってはかなり待つこともある。でも、この美味しい蕎麦前とお酒、いや蕎麦の為なら多少待つのも仕方が無い。

お会計を済ませて外に出ると、やはり行列が出来ていた。入ったときはタイミングが良かったようだ。

どうもご馳走様でした。もちろん、またお邪魔させて頂きたいと思います!

吾妻橋薮そばそば(蕎麦) / 浅草駅(東武・都営・メトロ)本所吾妻橋駅田原町駅
昼総合点★★★★ 4.0