みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

以前から何度も訪問しているけど、何故か?書いていなかったこちらのお店。ようやくアップすることができました。今回は横浜の野毛、福田フライ(通称:FF)にお邪魔します。

0919a208.jpg

桜木町駅から野毛ちかみちを通ってこちらにでると、あの三陽の看板が目立ちますが、やはり最初の一軒目は、福田フライ。

000d1419.jpg

以前、何かの本で、福田フライのことを、『フライ屋』と紹介してありましたが、正しくは福田フライです。まぁ確かに看板には『フライ屋』としか書いてないので、間違いそうになりますが(笑)

こちら野毛で呑む人は誰でも知っている有名な立ち呑みの店。店内及び、外にも立ち飲みスペースがあります。今回は、店内が混んでいたので、外の立ち呑みスペースに陣取ります。ドリンクはレモンサワーにしましょう。

同時に串カツとアジフライを頼みます。 こちらのソースは、注文時に『辛いの』『普通の』と頼みますが、何もつけない『塩で』と頼むことも出来るようです。もちろん『辛いの』で頼みます。

5b84acf8.jpg

程なくして串カツとアジフライが到着。
辛いソースは、唐辛子とニンニク風味の味ですが、次の日にも残ってしまう位にニンニクがたっぷりと入ったソース。ちなみに揚がった後に、おかあさんが辛いソースにドボンと浸してくれます。

49bd68a2.jpg

【串カツ】
写真ではちょっとわかりにくいので、ズームにしてみました。手前の串が刺さっているのが、串カツです。定番ですが最初の1本目はこれに限ります。辛いソースによく合います!

eca133d0.jpg

【アジフライ】
そしてこちらがアジフライ。お馴染みの可愛いハート型をしております。もちろん、こちらも辛いソースで頂きます。

いやー、辛いソースはパンチがありますね。癖になる味です。逆に言うと、辛いソースでないと物足りなく感じます。次の日のことは気にせず、こちらに来たら『辛いの』を食べるのが王道!あと好きな人は、メロンの形をした入れ物にカラシが入っておりますので、お好みでどうぞ。

近所の散歩帰りや常連さんを含め、皆さん思い思いに呑んでいます。こちらの店、意外や意外(失礼!)フライ以外にも刺身等のサイドメニューが充実しているので、立ち寄った際には店内のホワイトボードを必ずチェックしましょう。

野毛の関所とも言われる福田フライ。野毛ではマストなお店。ここで呑みながら次の店を決めるのが楽しみだったりします。

ご馳走様でした!野毛に呑みに来たのであれば、 はしご梯子は当たり前。では、次の店に行きましょう! 

福田フライ立ち飲み居酒屋・バー / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7