みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

酔(すい)さんと呑んだ時に、爺さんなってもブログを続けるぞ、というどうでも良い会話をしていますが、その頃のブログ名は既に決めてあります。

タイトルは、

『衰養どうでしょう?(すいようどうでしょう)』

あれから40年。
ヨボヨボに衰えた衰(すい)さんと、その頃はきっと養ってもらっているであろう養(よう)さん。
歯が抜け、髪が抜け、ついでに誤字脱字だらけ。ただ、ただ、余生を綴るのです。

なんか、『綾小路きみまろ』みたいだな。。。

でも、その頃は入れ歯になり、もつ焼きはレバ以外は食べられないんだろうな、なんて考えたらちょっとセンチメンタルになってしまいました(ウソ)

さて、いよいよ小樽の町を散策です。

ac386321.jpg


01131a4d.jpg


34b790ad.jpg

その昔、小樽は北のウォール街と呼ばれていたらしく、旧何とか銀行とか昔ながらの酔う風、ではなく、洋風建築の建物が点在しています。

4dcf0c07.jpg

街を横切るように昔の廃線跡が残っていたり。

ac8b36d1.jpg

こちらは有名な小樽運河。海外からの観光客で賑わっています。

773d3a83.jpg

そしてこの日は日本丸が入港していました。ずいぶん立派な船ですね。

さてさて、お昼になったので、お腹がすいてきました。

小樽といえばお寿司。そうしたいところですが、小樽市民のソウルフードのある、あの店に行きます。

c89b4621.jpg

ニューなるとです。実は、『なると』に行くつもりでしたが、間違って『ニューなると』に来てしまいました。しかも気付いたのはお店を出てから(汗)でも、あまりメニューも変わらなそうので、問題ないと自分に言い聞かせます。

やはりこちらも待っているお客さんがおりますが、程なくすると席が空き始めたので思ったより待たずに済みました。

36021a21.jpg

こちらに来たからには、食べるものは決まっています。本当は定食じゃなくても良かったんだけど、お昼だし、生ビールと若鳥から揚げだけだと変な感じなので若鳥定食にしてみます。

04763c13.jpg

まずは生ビールで乾杯!!

45f8ede8.jpg

【若鳥定食:1,100円】
思ったより待たずに、若鳥から揚げがやってきました。厨房で絶えまなく揚げまくっていたこともあるのかな。こちら、若鳥の半身揚げなんだけど、若鳥とは思えない位にかなり巨大。
解体しながら食べようとするけれど、揚げたてたので熱い、熱い!やけどしないように注意しましょう。

食べてみると、あっさりとした塩味。というか塩以外の調味料は使っていないような、シンプルな味です。
ビールのおつまみにピッタリですが、ちょっと大きめなので、ビール2杯は軽くいけます。

小樽は何度か来たことがあるけれど、こんなにゆっくり回ったのは初めて。昔ながら建物がこんなに多くあるとは思いませんでした。これまで小樽運河だけを観て満足していたことにちょっと後悔。地図をもってブラブラ歩いて回るのが楽しい街ですね。そういう意味では同じ港町である函館と楽しみ方が似ているかも。

さて、今回で北海道の居酒屋?紀行は終了です。自分は既に東京に帰ってきているのですが、これを書き終えるまでに結構時間がかかりました。次回からは、普通の居酒屋めぐりに戻ることにします。

どうもご馳走さまでした!次回、小樽に来る機会があったら、今度は『なると』に行ってみたいと思います。

ニューなると 花園店天ぷら・揚げ物(その他) / 小樽駅南小樽駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6