みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

今回は野方。野方といえばやはり秋元屋である。同じ秋元屋ではあるけど、今回は本店ではなく、新しく出来た店舗へ訪問することに。名前は第三秋元屋。訪問しようと思いつつなかなか機会がなく、今回が初訪問。

渋い佇まいの外観。本店の賑やかさとはちょっと趣が異なるようだけど、早速入ってみることにしよう。

IMG_7983
『いらっしゃませ!』

コノ字カウンターのみのシンプルな店内。小料理屋さんと言っても良い位、シンプルな雰囲気のお店だ。オープンしてからそれ程時間が経っていないこともあり、清潔感溢れる綺麗な店内。

店員さんの他に、なんと秋元屋のご主人もいらっしゃる。ご主人が焼くのかと思いきや、この日は焼き台を他の店員さんに任せている。

メニューに目を通すと、本店に近いメニュー構成のようだ。 

IMG_7986
【キリンラガー(中):530円】 
まずはキリンラガーで乾杯!美しいカウンターで酒も進む。

IMG_8010
【キャベツみそ:120円】
まずは恒例のキャベツみそを注文。ニンニクの効いた味噌ダレにつけて頂くのだが、キャベツの葉がバラバラにほぐされている。以前、本店で食べた時は、単純にスイカのようにカットされただけったのに変わったのかな?それとも葉物野菜の高騰の影響なのかな。
 
IMG_8016
【牛塩煮込み:400円】
続いては煮込み!本店の煮込みは豚もつを中心とした味噌風味だけど、こちらは牛の塩味ベースなので全くの別物。文字通り塩味ベースのさっぱりとした一品だ。

そろそろお待ちかねの串も焼き上がったようだ。
 
IMG_8017
【レバ:120円】
まずはレバ塩を頂く。程良い焼き加減で美味い!
 
IMG_8020
【カシラ:120円】
続いてはカシラ。こちらも塩で頂く。赤い部位は塩で食べることが多いかな。
 
IMG_8025
【チレ:120円】
チレは味噌で頂く。秋元屋の定番の味で、ニンニクの効いた特製の味噌ダレ。どの部位でも合うけれど、チレは味噌で食べることが多い。
 
IMG_8026
【上シロ:120円】
そして上シロ。シルエットが美しい。通常のシロより柔らかい食感で美味しい!一部テッポウも入っているのかな?
 
IMG_8031
【クリームコロッケ:180円】
黒板メニューで目を引いたクリームコロッケ。値段も安いということで、サイズは小さめ。揚げたてのクリームコロッケなのでもちろん美味しい。しかし秋元屋のサイドメニューは飲兵衛の心をくすぐるものが多い。間違いなくご主人のセンスだと思う(笑)
 
IMG_8033
【角ハイボール:350円】
春は揚げ物ということで角ハイボールを注文。どうでも良いが春は何処に行ったのか。もう既に夏のような陽気だ。
 
IMG_8037
【ウインナー:300円】
さらにウインナー。最近シンプルな肴でお酒を飲むことが多くなったような気がする。

コノ字型カウンターのみの小さな店内(ブログによると2階も試験的に営業が始ったようだ)本店と違って賑やかさはなく、どちらかというと静かな印象。好みもあるだろうけど、こういうの雰囲気の中で呑むのも悪くない。いや、どちらも好き。しかし、同じ野方にお店を出したのは何か理由があるのかな?

出来ればご主人が焼いている串を食べてみたかったけど、それは次回以降のお楽しみということにしておこう。

最近は秋元屋で修行した方のお店が増えたけど、残念ながら肩を並べるお店はまだまだ少ない。と、秋元屋で食べるといつもそう思うのである。

さて、そろそろお会計にすることにしよう。合計2,460円。席料100円は同じのようだ。 

どうもご馳走様でした。次回は久しぶりに本店に行ってみることにしようかな。 
 

第三秋元屋居酒屋 / 野方駅都立家政駅
夜総合点★★★★ 4.0