みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

今回は赤坂。赤坂は色んなジャンルの飲食店があるけど、特に韓国料理などのお店が多かったりする。

IMG_8193
今回訪問するのは一龍。赤坂で飲むことが多い人は誰でも知っている?お店。同じビルに本館と別館があるけど、訪問したのは1階にある別館。
 
IMG_8194
 注文するのは、もちろん『雪濃湯(ソルロンタン)』。一龍の代名詞的なメニュー。思い起こせば食べるのはかなり久しぶりだ。

IMG_8197
しばらくすると店員さんが、各種小皿が並べはじめる。しかし、その数が半端ない(汗)
 
IMG_8208
【雪濃湯(ソルロンタン):1,620円】
そしてお待ちかねの雪濃湯(ソルロンタン)が登場。器には白濁したスープがたっぷりと注がれており、中には牛の頬肉と春雨が入っている。そのままでは塩味がほとんど感じられないので、テーブルに備え付けの塩と胡椒を投入し、自分好みの味に仕上げる。優しい味わいのスープではあるものの、しっかりと牛骨から出汁を取っていることもあり、コクのあるスープだ。火を絶やすことなく、じっくりと煮込まれているだけのことはある。

そういえば昔は、飲んだ後にやってきたり、二日酔いの昼食に食べたことがあった。何だか懐かしいなぁ。
 
IMG_8209
どちらが主役が圧倒される量の小皿。韓国料理では当たり前のようだけど、もちろん残しても大丈夫。でも、貧乏性なのか残すと何となく申し訳ない気持ちになったりする(汗)

しかし、値段はこんなに高かったかな?ズラリと並ぶ小皿も含めての値段だと思うけど、お昼に食べるには正直高めなのが残念。とは言え、一口飲み始めると止まらなくなるこの優しくも味わいのあるスープ。不思議な魅力を持っているのは間違いない。

どうもご馳走様でした。 今度は飲んだ時に締めのメニューのとして訪問してみようかな。

赤坂一龍 別館韓国料理 / 赤坂駅溜池山王駅国会議事堂前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5