みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

前回までの旅日記はいかがだったでしょうか?実はその期間にある場所に旅行に行ってたので、その模様はシルバーウィークとかにでもアップするつもりです。

旅日記って居酒屋記事を書くより、かなり手間がかかるのです。まず写真が多いので、どの写真にするか選ぶことからスタート。加えて文章を書くんだけど、写真の枚数が多いので、これもまた大変。。。

IMG_0518
さて、それはさておき、今回訪問するのは、川崎にある丸大ホール。名前を聞くと、どこかのコンサートホールか?と勘違いしそうだけど、由緒正しい?大衆食堂酒場なのである。

引き戸を開け、店内に入ると、カウンター席は無く、全てテーブル席。奥は小上がりになっているようだ。ということで相席が当たり前となっている。

入ってすぐのテーブル席に座ろうとするとお店のお姐さんが、

『こっちの席の方がいいでしょ?』

と、気を遣って頂いた。ありがとうございます!

IMG_0521
【レモンサワー:350円】
まずはレモンサワーで乾杯!お通しはザーサイ。これを肴にグビグビとサワーを飲む。

店内には短冊メニューがズラリ。片側の壁だけ見ていると見落としてしまうので、店内を隈なくぐるりと見渡す。

何を頼もうか悩んでいると、先程のお姐さんが、

「今日から始めたのはなす味噌。それと、、、」

といことでなす味噌炒め、ついでに目玉焼きを注文。
 
IMG_0526
【なす味噌:350円】
しばらくすると、なす味噌がやってきた。いざ食べようとすると、今度は別のお姐さんがやってきて、

「あなた、これ誰に頼んだの?」

『こちらのお姐さんにですけど、、、、』

「アンタ、ちゃんと紙に書いておかないとダメでしょ!!

ということで、気の短そうなお姐さんが、もう一人のお姐さんを叱っている(汗)何だかよく分からないけど、まぁいいか。

IMG_0529
【目玉焼き:350円】
続いては目玉焼き。千切りキャベツの他にポテトサラダが添えられている。醤油にしようか、それともソースにしようか。1個はソース、もう1個は醤油で食べることにしよう。

ということでソースをかけようとしたら、先ほどの気が短そうなお姐さんが、

「あら?それソースよ。」

『あ、大丈夫です。ソースで食べます』

と言ったら、

「ふーん、変わっているのねー」

と言って立ち去ってしまった(汗)ちなみにもう1個は醤油で食べるつもりだが説明が面倒くさいので省いた。

IMG_0532
さらにレモンサワーを追加しつつ、テレビ下の短冊メニューを眺めると、

カレー具 300円

カレー具??これはもしや『カレーのアタマ』のことか?よしこれを注文しよう。

しばらくすると、

「カレー具はどこー?」

と短気なお姐さんが大声で叫んでいる。

『あ、こっちです』

と言っておもむろに手をあげる。すると、

「ネギぬたもよく出るんだけど、カレー具始めたらさー、これが凄く出るのよー 」 

と言って、かなり嬉しそう(笑)

それを聞くと何だかこちらも嬉しくなってしまう。

当たり前だけど、常に恐い人じゃなさそうだ。ある程度客あしらいが厳しくないとやっていけないのだろう。

IMG_0538
【カレー具:300円】
ということでお待ちかねの『カレー具』が登場。予想通り、カレーのアタマであった。ちなみにカレーのアタマとはライスが入ってない、カレーだけのこと。これを肴に酒を飲むのである。味は豚肉も入っているけど、玉ねぎたっぷりの昔ながらのカレー。恐らく市販のルーを使っていると思うんだけど、何となく懐かしい味わいだ。

さて、カレー具も食べ終えた。残りのレモンサワーを飲み干し、そろそろお会計をすることにしよう。

「あら、もう帰っちゃうの?また来てね 」 

非常に賑やかな店内。テレビもあるので1人で飲んでてもなんだか不思議と落ち着く場所だ。食事だけでも良いけど、居酒屋的に利用している人がほとんど。なかなか面白いお店だ。

注意点でもないけど、メニューは店内の壁にぐるりと隈なく貼ってあるので、一通り目を通すこと。片側だけながめていても全てのメニューが記載されているわけではないのである。

あと、お姐さんの客あしらいがちょっと厳しめなので、そういうのが苦手な人はちょっと驚くかも(笑)自分の場合はかなり楽しめたけど。

どうもご馳走様でした。また、お邪魔したいと思います!

丸大ホール居酒屋 / 京急川崎駅川崎駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6