皆さん、こんにちは。酔う(よう)です。

ed9a9b98.jpg

今回は久しぶりの森下。今日の最初の1軒目ということで、 魚三酒場に訪問。

魚三酒場というと、やはり門前仲町の店が有名だけど、実は都内に3店舗ある。

開店前。店の前には行列が出来ていた。その列に加わるが、一巡目で入れそう。

店内に入ると下町ではお馴染みのコの字形のカウンターが並ぶ。店員さんに促されるままに順番に席に座る。

名前の通り?海鮮メニューが充実している。短冊でメニューがズラリと並んでいるけど、日によっては置いてないメニューもある。

5ffb5932.jpg

まずは瓶ビール(500円)で乾杯!時間がかかりそうなので、一気に肴も頼んでみる。

5df5dad2.jpg

【マグロ刺し:400円】
最初にやってきたのはマグロ刺し。見渡すと頼んでいるお客さんも多いようだ。

ee411b9e.jpg

【イワシの刺身:350円】
続いてやってきたのはイワシの刺身。これも350円とは思えないボリューム。さすが魚三である。

隣に座っていたお客さんは常連さんのようだ。気さくな方で、しばし居酒屋の話で盛り上がる。

頼んだメニューが出てこないと、

『こっちのお客さんは先から頼んでいるのにまだ出てきてないよ!』

と店員さんに促してくれた。ありがとうございます。

ca29c6b7.jpg

【日本酒:180円】
下町ではお馴染みのグラスで登場。見た目からしていい味出してるなあ。しかし、日本酒をグラスで頼んでいる客は少なく、ほとんどが大徳利で頼んでいる。しかもかなり巨大な徳利だ。

赤魚の煮付を頼んだんだけど、なかなか出てこない。すると店員さんが、

『だいじょうぶ。ちゃんと通しているから。あの婆さんに頼んだのに出てこないとか言わないでね』

と、自虐的なあしらい。さすがである(笑)

そしてしばらくすると、先程の店員さん。赤魚の煮付は時間がかかるらしく、焼きでも良い?と聞かれたので、変更することに。

b24713e8.jpg

【甘エビの刺身:350円】
赤魚を待つ間の肴として注文。これもなかなかのボリュームである。

95d741b3.jpg

【赤魚:380円】
そしてなかなか出てこなかった赤魚がようやく登場。この値段からすると小さいものを想像してしまうけど、程よい感じのボリューム。

そして先程の店員さんが、

『ごめんね、お待たせして。全部雪のせいよ♪』

と言ってウインク。時事ネタというか、JRのCMのフレーズをサラリと言ってのけるあたりはさすが(笑)思わず惚れてしまいそうになったが、さすが百戦錬磨の客あしらいである。

店内を見渡すといつの間にか満席。魚三は門前仲町しか行ったことが無かったけど、こちらも良い店である。個人的な感想だけど、門前仲町のお店より客あしらいがマイルドな感じがする。魚三初心者?はこちらのお店がおすすめかもしれない。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。


魚三酒場 常盤店居酒屋 / 森下駅清澄白河駅菊川駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7
昼総合点★★★☆☆ 3.7