皆さん、こんにちは。酔う(よう)です。

新宿は良いお店を探すのに一苦労というのは前からブログで書いていること。友人と飲む時にも、『えー、新宿?新宿で飲むの?』といった感じで正直どこに行くか本当に困る。新宿の場合は家賃が高く、値段を安く抑えるのが難しいとかの理由があるのかもしれないけど。でも全く良い店が無いわけではない。初心に帰って、あらためて今度ゆっくり探してみようかなと思っている。

3d4a3b06.jpg

で、今回はそんな西新宿にある『おおの屋』に訪問。以前に何度か来たことがあるけど、今回は久しぶりの訪問。

『いらっしゃいませー、こちらへどうぞ』

店内に入ると相変わらず賑わっている。3人の店員さんがテキパキと働いているのだが、皆さん手書きの名札をつけているのが微笑ましい。その中の1人の名刺には店名と同じおおのさんと書かれてる。この方が店主さんなのかな?

全て立ち飲み席だけど、カウンター席や数人で楽しめるテーブル席もある。今回は1人なのでカウンター席。支払いはお馴染みのキャッシュオンデリバリー。さっそくドリンクと肴を注文。

基本的には自分の席から注文するんだけど、入口のすぐそばに冷蔵庫があって、その中に刺身などの肴が並んでおり、自分でピックアップすることも可能。これが意外と楽しかったりする。

75b7daf3.jpg

【抹茶ハイ:250円】
まずはお馴染みの抹茶ハイで乾杯!何故かこの店に来ると、頼みたくなるドリンクの1つで、毎回頼んでいるような気がする。作り方を見ているとあらかじめペットボトルで焼酎と抹茶を混ぜて作っているようだ。こんど自分でも作ってみようかな。

1b9bbadc.jpg

【レバ刺し:250円】
大野屋名物のレバ刺し。もちろん牛ではなく豚だけど、鮮度も良く綺麗な色をしている。1口食べてみてもやはり美味い。そもそも250円でレバ刺しが食べられるのはありがたい。おおの屋に来たらこれを頼まないとね。

6718c0e0.jpg

【エビフライ:150円】
大人も子供も大好きなエビフライの登場。サイズは小ぶりだけど、2本で150円は偉い。正直、味はというと、いわゆる既製品なのかな?そんな感じの味である。

b2d399e1.jpg

【ハイボール:250円】
続いてのドリンクはハイボールをオーダー。ハイボールで250円!なんて思うけど、こちらのハイボールはやや小ぶりのグラス。でも価格を抑えるという意味では正しい選択なのかもしれない。

dca2034e.jpg

【もつ焼き:各80円】
左からシビレ、コブクロ、シロ、ガツ。味はタレで注文。こちらのタレはニンニクが効いた醤油味と言った方が正しいかな。味はやや甘めな感じのタレなので好みが分かれるかもしれない。串は小ぶりながら、この値段でも、注文してから1本1本丁寧に焼いてくれる。

常に多くのお客さんで賑わっている店内。やはり立ち飲みということもあって回転率が早い。1人のお客さんはサクッと飲んで帰る人が圧倒的に多い。

初めて来たのは、吉田類さんの本で紹介されていたことがきっかけ。確か『東京立ち飲み案内』という本だったかな。へぇー、こんなお店があるんだと感心したのを覚えている。新宿でこの値段で頑張っているのには頭が下がる。正直、絶品料理の数々というわけではないけど、コストパフォーマンスが高いお店であるのは間違いない。これからも頑張って欲しいお店の1つだ。

どうもご馳走さまでした。またお邪魔したいと思います。

 

立ち飲み処 おおの屋立ち飲み居酒屋・バー / 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6