みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

今回は、前回に引き続きタンメン。たまに雑誌の特集とかでタンメンが取り上げられることがある。今回訪問する東中野にあるお店もタンメン特集で紹介されていることが多い。

BlogPaint
ということで、東中野にある十番(じゅうばん)に訪問。商店街の一角にあり、いかにも町の中華料理屋さんといった雰囲気。

縦長の店内。左手はカウンター、右側はテーブル席。店内もやはり町の中華料理屋さんといった感じである。

IMG_8492

IMG_8490
麺類を中心とした非常にシンプルなメニューな構成。十番といえばやはりタンメンだろう。

BlogPaint
【ビール小:350円】
タンメンの前にビールを少々。食事の前に飲み過ぎるとお腹一杯になってしまうので、少し控えめにスタート。

IMG_8502
【焼餃子:370円】
ビールと言えばやはり餃子でしょう、ということで焼餃子も注文。十番の餃子はフライパンで豪快に焼きあげるスタイル。油を多めに入れて焼いていると思うけど、餃子の底の部分はやや揚げ焼きに近い感じだ。熱々の餃子と冷えたビールがピッタリ。やはりビールには餃子だ。

どうでも良いが、ビールには餃子か?唐揚げか?という飲兵衛にとって究極の選択みたいなテーマがある。自分の場合は餃子かな。いや唐揚げも好きなんだけど(笑)

IMG_8508
【タンメン:630円】
そして餃子といえば、タンメン。十番の名物であるタンメンが登場!麺は中太、野菜の量もちょうど良い感じ。白濁した塩味のスープは、単にあっさりではなく、ほんのりニンニク風味も効かせつつも、バランスの取れた優しい味わい。普段はもちろん、二日酔いでも良さそう。まわりを見渡しても、やはりタンメン率が高く、納得の味わい。

店内は地元のお客さんが中心と思われる。カウンター席とテーブル席のバランスが良いので、1人でも使い勝手が良い。一部メニューは持ち帰りも可能なようで、時折お客さんが注文し、しばらくしてからまた取りに来ると言った感じ。まさに町の中華料理屋さんである。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。

十番中華麺(その他) / 東中野駅落合駅中井駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7