みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

久々に赤羽に訪問。朝から酒が飲めるお店もあったりして、飲兵衛たまらないエリアである。赤羽というと少し遠いイメージがあるけど、新宿からだと埼京線とかに乗れば意外と早く到着出来るエリアだ。

e522b7bd.jpg

今回はそんな中、川栄(かわえい)に訪問。うなぎと鳥料理が楽しめるお店。店頭で販売もしているけど、中で食事をすることも出来る。もちろん今回は中で食事をするつもりでやってきた。

早速店内に入ると、2階席に通される。普通に人が住んでいるような部屋が広がっている。

bd989ca7.jpg

恒例のドリンクメニューをチェック。瓶ビール大瓶で700円を中心にやや高めの設定。とりあえず、瓶ビールを注文することにしよう。

5a3b318d.jpg

続いてはフードメニューに目を通す。ほろほろ鳥を使ったメニューが並んでいる。合わせ盛りを初めとしてどれも美味しそうなものばかり。

b61075e5.jpg

壁にもメニューが貼られている。おっと、鍋があるのか!う~ん、これも美味しそうだ。

fe00c1eb.jpg

鳥料理だけあってもちろん焼鳥も置いてある。メニューによっては青森県産の五穀味鶏(ごこくあじどり)を使用しているとのこと。

e0612380.jpg

鳥料理と並んでもう1つの名物が鰻。さすがに値段が高騰しているだけあってお高め。
 
889da278.jpg

もちろんサイドメニューもあるが、やはり鶏や鰻を使ったものが多いようだ。

737fc16a.jpg

【瓶ビール(大):700円】
ということで定番の瓶ビールで乾杯。お通しは鴨のローストかな。ビールにはもってこいの肴だ。美味しいお通しを出すところは良いお店であることが多い、というのが持論だ(笑)

ffc30a43.jpg

【鴨燻製のポテトサラダ:390円】
定番のポテトサラダ。こちらのお店では鴨の燻製入りだ。早速食べてみると、ほど良く胡椒の味も効いており美味い。大人のポテトサラダといった感じだ。これは良い肴になる。

eaba38f3.jpg

【合わせ盛り:1,200円】
続いては看板メニューでもあるホロホロ鶏。刺身とタタキの合い盛り。これは見るからに美味しそう!早速食べてみるとタタキは脂の部分を残した鴨のような味わい。刺身の部分もほど良い食感でどちらも美味い。少々お高めだけど、これを食べない訳にはいかない。

ad6226e1.jpg

【鶏もつ・皮煮込み:500円】
続いては煮込みを頂く。皮の他に、鳥もつの色んな部位が入っている。煮込みというと、味噌や醤油をベースとした濃厚スープを想像してしまうけど、こちらのスープは鳥本来の出汁がきいたさっぱりとした味わい。

442984e3.jpg

【黒ウーロンハイ:500円】
ビールも無くなったので、食べながらも脂肪の吸収を抑える黒ウーロンハイを注文。効果を実感したことはないが、健康になった気持ちにはなる。

2daaa270.jpg

【白レバテキ:550円】
続いては白レバテキ。火の通し加減がちょうどよく中身はレアな食感を残しており、これもまた美味い。薬味のネギも盛りだくさんなのが嬉しい。ニンニク、生姜等が付いてくるので、お好みでどうぞ。

34191f78.jpg

【うな丼:1,900円】
鰻の店に来たからには、鰻を食べないわけにはいかない。飲みながらの炭水化物は控えているので蒲焼だけにしようかと思ったけど、結局うな丼を注文。看板メニューだけあってこちらも美味しい。鰻も昔に比べたら高くなったけど、やはりたまには食べたいものだ。

511bb4ad.jpg

【ほろスープ:350円】
鰻と共に締めにスープを頂く。こちらも優しい味わいで美味しい。

0c647503.jpg


1cc5ab58.jpg


09c246f6.jpg

地酒や焼酎のボトルも置いてあるようだ。何人かで来た時にはこちらの方がちょうど良いかもしれない。

全体として値段はお高めの印象。特にドリンクの価格がちょっと高めかな。一方肴の方は、一品、一品が美味しく、こだわりの素材を使っていることもあるので、やはりこの位の値段になってしまうのは仕方がないところだと思う。でも、満足感の高いお店であるのは間違いない。

ふと隣の席を見ると、ホロがらスープの地鶏鍋を食べていた。これからの時期はやはり鍋だね~。今度来た時には鍋を食べてみることにしようかな。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います!

川栄うなぎ / 赤羽駅赤羽岩淵駅
昼総合点★★★★ 4.0