みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

今日は日比谷線の三ノ輪で下車。普段は降りることの無い駅だけど、そんな中、とあるお店を目指して歩く。途中、やってるぞ遠太の看板が現れた。あ、そうだ、遠太ってここにあったんだと思って後で調べてみたら、昨年に閉店していたことを知った。老舗の酒場が閉店するのは悲しいことだ。

6bc61f36.jpg

今回訪問するのは、焼鳥の興(こう)。何の情報かは思い出せないけど、以前からチェックしていた焼鳥のお店。比較的こじんまりとした店内はカジュアルな雰囲気。1人ということを告げてカウンター席に座る。

bb6159a7.jpg

焼鳥のメニュー眺めると、2本縛りであった。1人だと色んな種類が食べられないので、困ったなと思っていたら、1人の場合、6本以上頼めば、1本づつ注文することが出来るとのこと。これは助かった。ということで、お好みの6本をセレクト。

5d5fe8ec.jpg


f6a83b81.jpg

【瓶ビール:530円】
ということで瓶ビールで乾杯。

9c34e31f.jpg

【お通し】
お通しはキャベツ、人参、キュウリ。一気に食べるというより、箸休め的に食べるのが良いかもしれない。

8d4a2f3f.jpg

【牛すじ塩煮込み:530円】
焼き物を待つ間に煮込みを肴にビールを飲む。こちらの煮込みは文字通り塩味ベースだけど、生姜がトッピングされちることもあり、さっぱりとした味わい。煮込みに生姜がトッピングされているのは珍しいかもしれない。一緒に入っている大根も良い味わいだ。

f3ae76d5.jpg

【つくね(160円)もも(240円)せせり(160円)ハツ(160円)レバー(180円)生皮(220円)】
しばらく待っているとお待ちかねの焼鳥が登場。しかも、同時に6本!!普通、串ものを頼むと、火の通りやすいものから順番に出てくるけど、思い切り意表を突かれた(汗)しかし、いざ食べてみると、どの串も程よい焼き加減だ。種類が違うものをちょうど良く焼き上げて同じタイミングで出すというのは、やはり職人技ということなのかな。

IMG_4857
【季節の生しぼりサワー:500円】※今回はスダチ
ビールも無くなり次のドリンクは、季節の生しぼりサワー。ネーミングにつられて頼んでみたが、この日はスダチサワーだ。スダチサワー自体は珍しいものではないけど、この名前は風情があって良いと思う。

5d583b75.jpg

【とりスープ:200円】
そして最後はとりスープを頂く。見た目通り、優しい味わいだ。

やきとり屋さんというと、一般的に渋い感じの雰囲気を想像してしまうけど、こちらのお店は明るくカジュアルな印象。カウンター席が少ないこともあるかもしれないけど、1人ではなく2人以上のグループで利用する方が合っているような気がする。実際訪問した際には、1人客だったのは自分だけだった。手羽先の唐揚げとか他にも頼んでみたいメニューがあったけど、今回は、この位にしておこう。

どうもご馳走様でした。次回訪問する機会があれば今度は何人かで訪問したいと思います。 
 

串焼き / 三ノ輪駅荒川一中前駅三ノ輪橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7