みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

今回は藪御三家の1つである並木藪蕎麦に訪問。過去何度か訪問しているお店である。

fdc16174.jpg

お昼時等タイミングが悪いとかなり待つこともあるけど、この日は15分程待って入店。
 
74958058.jpg

まずは蕎麦の前に軽く一杯ということで、熱燗とわさび芋 を注文。

dd3695f1.jpg

【日本酒:750円】
ということでビールではなく、日本酒(熱燗)を頂く。小皿に入っているチョコレートのように見えるのは、そば味噌。お酒類には、このそば味噌が一緒に出てくる。これをチビチビやりながら日本酒を飲む。
 
93f11883.jpg

【わさび芋:750円】
そば味噌だけなのも何なので、わさび芋も一緒に頂く。粘りのある食感はご飯にも合いそうだ。芋に直接つゆをかけるのか、それとも小皿につゆを入れてチビチビたべるのか、正式な食べ方はよく分からないがこれをつまみながら日本酒を飲む。

ということで蕎麦を注文することにしよう。
 
ec75d7ef.jpg

【ざる蕎麦:750円】
まずは定番のざる蕎麦。つゆは辛口濃い目のお馴染の味。まわりを見渡すと、ざる蕎麦を食べている人はあまりいないようだ。やはり冬だと食べる人が少ないのかな。

自分の場合、季節に関係なく、ざる蕎麦を食べることが多いかもしれない。
 
bd6d6e98.jpg

【鴨なんばん:1,900円】
そして冬の風物詩?である鴨なんばん。こちらを食べている人が圧倒的に多かった。やはり冬は鴨なんばんを目当てに来るお客さんが多いようだ。鴨の肉もつくねも食べ応えがあって良い味わい。値段は少々お高めだけど、やはり食べると満足感で一杯になる。
 
bad1af31.jpg

そして、最後は定番の蕎麦湯でしめる。昔は蕎麦湯なんて別に、なんて思っていたけど、大人になったらこれが無いと物足りなくなるから不思議なものだ。

相変わらず賑わっている店内。席数は少ないので相席になることもしばしば。あと、以前に比べたら外国人の観光客が増えたような気がする。円安だからかな?いやもっと前からのような気もする。蕎麦の味なんて分かるのかな?と勝手に心配してしまうが、美味しいものは万国共通。きっとこの雰囲気も含めて楽しんでいることだろう。

では、そろそろお会計にすることにしよう。二人で合計4,150円。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。 

並木藪蕎麦そば(蕎麦) / 浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅浅草駅(つくばEXP)
夜総合点★★★☆☆ 3.7