みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

今日は久しぶりの横浜中華街。以前は横浜に遊びにくると必ずといって良い程訪れていたけど、最近は野毛や横浜橋商店街にある下町のお店に行くことが多い。

そんな観光名所ともいえる中華街はいつ来ても多くの観光客で賑わっている。

e4331a28.jpg
さて今回はどこにしようかな。いつも何となく山東(さんとん)にしてしまうので、色々と考えた挙句、こちら上海飯店に訪問することに決定。

店内を覗くと、他にお客さんはいないようだ。さっそく入ってみることにしよう。 
 
fe1310de.jpg
『いらっしゃい。。。』

相変わらず無愛想なご主人がお出迎え(笑)

普通のガラスのコップにヤカンから熱々のお茶を注ぐ。コップ割れないのかな?しかしもの凄く熱いお茶だ(汗)

お世辞にも綺麗とは言えない店内。あらゆるところに物が雑然と置かれている。
 
3f583393.jpg
店内にはメニューがズラリ。毎日全てのメニューがあるとは限らないようだ。

1dc67891.jpg
こちらは麺類とご飯もの。

9bd3d5af.jpg
さてさて、どれにしようかな。 店の雰囲気に似つかわしくなく、意外と本格的なメニューもある。

5ccf850c.jpg
へぇー、ふかひれスープなんてあるの??2,800円。この店ではかなり高額なメニューだ。
 
0c274244.jpg
何だか微妙にペンで囲ってあるけど、確かに囲わないとよく分からないレイアウトだ。段落の区切りかたと改行のしかたが明らかに変だ。しかし、タンタン面って(笑)恐らく直す気もないだろう。

ということでおもむろにメニューを注文。 

2915ea53.jpg
無愛想なご主人がおもむろに料理を始める。オープンカウンター?と言ってよいのか。雑然とした厨房が丸見え。ご主人の調理している姿にライブ感が溢れる。あらゆるところから材料を取り出すのだが、雑然とした店内なのに、一応、どこに何があるか分かっているようだ。

そして、ちょいちょいつまみ食いをしながら作っている(笑)
 
ff1a7d1d.jpg
【モンゴイカの葱和え:630円】
最初の一品はモンゴイカの葱和え。よくスーパーで売っているような3本セットの長ネギのテープは外すところからスタート。ネギを細切りにし、冷凍庫に入っていたと思われるイカを軽くボイルし、特製のタレと熱した油を軽くかけて完成。適当に作っているようだが意外といける。でも量はかなり少なめ。
 
3f578374.jpg
【餃子:580円】
続いては餃子。これも予め作ったものを冷凍庫から取り出して焼きはじめる。味はというと、ん?何だろう?以前来た時となんか違う感じだ。味変えたのかな?ちなみにこちらの餃子は、かなり前だけどパラダイス山元さんの本で紹介されていたこともあったりする。
 
596d1c0b.jpg
【牛バラ飯:780円】
豚バラ飯を頼んだら、やってない(というか仕込んでない?)と言うので、牛バラ飯を注文。お味の方はまぁまぁと言ったところかな。
 
5900ee54.jpg
【パーコー飯:840円】
続いてはパーコー飯。こちらは下味をつけて豚肉を揚げるところから作っていた。これはなかなかの味だ。

お世辞にも綺麗とは言えない店内。いや、正確に言うと汚い(笑)物は適当に置かれかなり雑然としている。接客も丁寧なわけではなく無愛想。この日は不在のようだったが、奥さんがフロアを担当していることもある。その時は2人で本気で口論しており、その半端ない夫婦喧嘩っぷりもこのお店の見どころの1つである。

味については正直ムラがあったりする。でも、美味しいものに当たった時には素直に喜ぶことにしよう。

お会計は二人で合計2,790円。

どうもご馳走様でした。では、次の店に行こう。