皆さん、こんにちは。酔う(よう)です。

481b67e1.jpg

今回は久しぶりの田端。駅の北口を出て右に進み目指したのは喜多屋酒店。文字通り酒屋さんである。

お店に入ると右側には缶ビール等の酒類が入った冷蔵庫。そして左右にカウンターが並ぶ。といってもそれ程大きなサイズではない。右側のカウンターでは3人組のサラリーマンが飲んでいたので、空いている左側のカウンターの前で飲むことにしよう。

冷蔵庫からハイボールを取り出して、女将さんの立つ左側のカウンターでお支払い。

もしや、ここはレジかな?と思って、移動しようとすると女将さんが、

『ここで大丈夫ですよ』

とのことだったので、入ってすぐのカウンターの端のほうで飲むことにした。

c9a4c5cf.jpg

肴は乾き物が中心。カウンターの上にせんべいやチーズが詰まった容器が並んでいる。ちょっとした駄菓子屋さんのような雰囲気だ。

36cd022a.jpg

【角ハイボール(濃いめ):205円?】 【ピリ辛チーカマ:60円】
先程冷蔵庫から取った角ハイと、カウンターに並んでいるおつまみから、ピリ辛チーカマをセレクトしお会計。

店内はカウンターの前に立つ女将さんが1人で切り盛り。時折、湯呑に入ったお茶を飲んだりしている。奥の方は座敷になっているようだけど、普段使うことはあるのかな?普通の家と一体型のような雰囲気。

酒屋さんということもあって、時折、純粋にお酒を買いにくるお客さんもいる。そう、居酒屋ではなく基本的には酒屋。当たり前といえば、当たり前だけど飲んでいるとそんな事も忘れてしまうから、なんだか不思議な感じがする。

角ハイを飲み終えた。こういうお店は軽くのんでサクッと帰るのが正しい飲み方だと思う。

どうもご馳走様でした。では、そろそろ帰ることにしよう。
 

喜多屋酒店その他 / 田端駅赤土小学校前駅西日暮里駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5