みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

ナイタイ高原牧場から帯広方面へ向かう。さて、お昼はどうしようかな?市内にある豚丼のぱんちょうにするか。それとも、ジンギスカンの白樺にするか。でも、白樺は帯広市街から少し離れているし、既に富良野にある支店で食べたので、今回は豚丼のぱんちょうにしよう。

P8120812_R
ぱんちょうに到着すると、既に多くのお客さんが並んでいる。これはかなり待つかなと思いつつ列に並んでみる。すると思ったより、どんどん行列が店内へ吸収されていく。

並んでいる間に店員さんが注文を取りに来る。ぱんちょうの豚丼は4種類。

松(肉4枚):900円
竹(肉5枚):1,000円
梅(肉6枚):1,100円
華(肉8枚):1,300円

既にお気づきの方もいると思うけど、ぱんちょうの豚丼は松が一番下のグレードなので普通のお店とは逆。一番高いメニューは華で1,300円。肉の枚数によって値段が異なるけど、よく見ると1枚につき100円増えるという非常に分かりやすいシステム(?)豚丼以外にもお碗などのメニューもある。

今回はやや控えめに竹を注文。

そうこうしているうちに思いのほか早く店内へ入ることが出来た。相席にしてお客さんを入れているので、回転が早いわけだ。納得。

P8120813_R
しばらく地図を見ながら席で待っていると、豚丼が登場!

P8120815_R
【豚丼(竹):1,000円】
久しぶりの再会だけど、果たして何年ぶりだっただろう。焼き目のついた豚肉がいかにも食欲をそそる。さっそく食べてみると、甘辛いタレで焼かれた豚肉は柔らかくそして香ばしい。久しぶりに食べたけどやはり美味い。今日は豚丼にして良かったのだと1人で満足してみる。見た目はボリュームがあるけど、意外とサクッと食べ終えてしまう。華にしても良かったかなと思ったけど、この位で十分だろう。 

店内は観光客と思われるお客さんが中心のようだ。超有名店だし、まぁそうなるだろうね。帯広には他にも豚丼のお店があるけど、実は他の店舗に行ったことが無い。次回来る時は他のお店も食べてみることにしよう。

どうもご馳走様でした。また帯広に来たら寄らせて頂きます!

ぱんちょう豚丼 / 帯広駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8