みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

今回は横浜。地下鉄の阪東橋駅で下車。有名な横浜橋通商店街を通り抜け少し歩いたところにそのお店はある。

IMG_3801
今回訪問するのは埼玉屋食堂。大衆食堂というフレーズが渋い。当たり前だけど東十条にある埼玉屋とは縁も所縁も無い。

カウンター席は無く、テーブル席のみの店内。

4人用掛けのテーブル席が2卓つながって8人用のテーブル席となり、それらが並列に3つ並んでいる。川の字ではなく三の字と言う方が分かりやすいかもしれない。合計すると24席となる。

常連さんと思われるベテランの皆さんがそれぞれ楽しそうに飲んでいる。

「今日は飲み過ぎだから、もう帰った方がいいよ」

どうやら1人飲み過ぎたお客さんがいたようで、まわりのお客さんが帰るように諭しているようだ。

IMG_3810
【珈琲牛乳割りセット:400円】
とは言えこちらは素面。最初の一杯目は珈琲牛乳割りを頂くことにしよう。氷の入ったグラスとコーヒー牛乳。そして下町ではお馴染みのグラスに注がれた焼酎。健全なのか不健全なのか?これは何とも表現しずらいドリンク。初めて牛乳割りに遭遇した時以来の複雑な心境である(笑)

せっかく頼んだのだから飲まないわけにはいかない。さてさて、、、、

「お兄さん、焼酎とコーヒーは半分半分ね。その方が美味しいよ」

近くに座っていた常連さんと思われるお客さんからアドバイス。ありがとうございます!

隣の酔客、皆兄弟。アドバイスに従って調合してみることにしよう。

IMG_3822
焼酎半分、コーヒー牛乳半分。いざ、飲んでみると確かにバランスの取れたちょうど良い味わい。これはかなり飲みやすい!しかし、自分が焼酎をコーヒー牛乳で割って飲むようになったのかと思ったら、やはり何だか不思議な気分だ。誰が発明したのか分からないけど、飲みやすいのは紛れもない事実。

IMG_3831
おかずは食器棚のような棚に並んでいる。どれも手作りで美味しそうだ。

IMG_3816
【牛肉のすき焼き風:250円位?】
名前が正しいのか良く分からないけど、店員さんがすき焼きみたいな味と言っていたので、勝手に牛肉のすき焼き風と命名。味は甘めで文字通りすき焼きの味。

IMG_3826
【きんぴらごぼう:250円位?】
続いては皆さんお馴染みのきんぴらごぼう。こちらも手作り感満載の甘めの味付け。

どれも派手な料理ではない。でも、男はこういう料理に弱いのである。

IMG_3825
さて、残りの焼酎とコーヒー牛乳で2杯目を飲むことにしよう。

しかし、こんな飲み方をしていたら早々に酔っぱらってしまいそうだ。次のお酒は軽めなものにしよう。

IMG_3837
【ウーロンハイセット:350円】
と思って頼んだのはウーロンハイ。軽めのつもりだったんだけど、これはコーヒー牛乳がウーロン茶に変わっただけで先と一緒じゃないか(汗)

IMG_3840
うーん、これを一気に飲んだらかなり酔いそうだ。

IMG_3843
前例に倣って?焼酎半分、ウーロン茶半分づつ入れてウーロンハイの完成。

入ってくるお客さんはご年配の常連さんばかり。酒場というより憩いのスペースな雰囲気。カウンター席ではなくテーブル席というところがポイントなのかもしれない。節度をもってお互いに飲み過ぎには気を付ける。冒頭のやりとりはまさにそうしたルールが皆さんの心の中にあるからなのだろう。

ふと、赤羽の「まこと」で食べたハムトーストのことを思い出した。コーヒー牛乳割りとハムトースト。これは間違いなく相性が良いだろうと思われる究極のコラボ。でも、不健全な感じは否めない(汗)

どうもご馳走様でした。また近くまできたら寄らせて頂きます。

埼玉屋食堂定食・食堂 / 阪東橋駅伊勢佐木長者町駅黄金町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7