みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_3629
今回は小岩にある「一力」に訪問。場所は小岩駅から少し離れたビルの1階。一見普通のビルに見えるけど、店内は昭和の居酒屋の雰囲気。コノ字カウンターに加えて、昔からのメニューや部位を説明が書かれたプレートがそのままになっていたりとかなり渋い。

先客は1人。お店の方と談笑しているので恐らく常連さんだろう。どこに座るか一瞬迷ったけど、入口入ってすぐの席に座ることにする。

BlogPaint
【緑茶割り:350円】
最初の一杯目は緑茶割りを頂く。カウンターには酒場放浪記で訪れた時のものなのか、吉田類さんの写真が飾ってある。

IMG_3634
【つくね、レバ、シロ、カシラ:各100円】
サイドメニューもあるけど、メインはもつ焼き。ドリンクと同時に、つくね、レバ、シロ、カシラを注文。串は小ぶりながらも1本から注文出来るのがありがたい。あらかじめ焼いてあることもあり、あっという間に出てきた。

BlogPaint
【ウイスキーハイボール:400円】
緑茶割りの次はハイボールへシフト。敢えてウイスキーハイボールと呼ぶのは焼酎ハイボールと区別するため。ウイスキーは富士山麗なのかな?

IMG_3637
【タン、コブクロ:100円】
さらにタンとコブクロを2本追加。コブクロのシャクシャクとした食感がたまらない。

時折、持ち帰り用にもつ焼きを買っていくお客さんがやってくる。持ち帰りというと自分の中では焼鳥のイメージが強いこともあって少し不思議な感じがするけど、ここではごく普通のことなのだろう。

まったり飲んでいると、1人、また1人とお客さんが入ってくる。やはり皆さん常連さんのようだ。もつ焼きは事前に下焼きしたものを注文に応じて再度火を入れて提供するスタイルだけど、値段もお手頃だし普段使いにはちょうど良いのだろう。

お会計は1,350円。どうもご馳走様でした。では次の店に行くことにしよう。

一力もつ焼き / 小岩駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5