みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

BlogPaint
今回は赤羽にある「まこと」に訪問。赤羽というと飲兵衛の街として有名なエリアだけど、訪問するのはお店が点在する駅周辺の繁華街ではない。少し歩いた住宅街の中にそのお店はひっそりと佇んでいる。

IMG_3714
コノ字型カウンターのみの店内。奥のカウンター席にはお客さんが並んで座っているものの、手前の席は空いている。とりあえず角の席に座ることにしよう。後から気が付いたけど、どうやら奥の席に並んで座っていたのは皆さん常連さんのようで仲良く談笑しながらお酒を飲んでいる。

IMG_3716
壁には短冊メニューが貼ってあるものの、メモ書き?のような手書きのメニューも味があって良い。魚、肉、サラダから餃子に至るまで色んなメニューが揃っている。 これは明らかに飲兵衛目線の肴だ(笑)

IMG_3709
【ウーロンハイ:300円】
今日の肴は何にしようかと考えつつウーロンハイを頂く。ちなみにビールの大瓶はなんと420円。ホッピーは400円と普通の価格なのになぜかビールの大瓶が激安。

IMG_3718
【お新香:220円】
ウーロンハイと一緒に頼んだのはお新香。胡瓜の食感を残した浅漬けタイプ。飲んでいても野菜は欠かせない。

IMG_3736 
【ハムとチーズの玉子焼き:380円】 
漬け物で野菜を摂取した後は、ハムとチーズの玉子焼き。ハムとチーズはもとより玉子が多めなこともあり、ふんわりとした食感。誰もが好きであろう、ハムとチーズと玉子という誰でも好きなものの組合せ。なかなか渋い肴が多いお店である。 

IMG_3747 
【酎ハイ:270円】 
そんな玉子焼きに合わせてさっぱりと酎ハイを頂く。懐かしの白い氷がこのお店の雰囲気にピッタリ。

さて、次は何を頼もうか。。。よし!あれを頼むことにしよう。

IMG_3722
【ハムトースト:300円】
満を持して注文したのはこちらの名物でもあるハムトースト。この際、なぜ居酒屋でハムトーストなんだ?という疑問は置いておくことにしよう。トースターでパンを焼き、中華鍋で玉子を炒め、マヨネーズをたっぷり塗ってハムと一緒にそれらをサンドするのである。

IMG_3732
一応、断面図もチェック。当たり前だけど、ハムと玉子とマヨネーズのミルフィーユ?が美しい。シンプルな組合せなんだけど、これが本当に美味い!酒の肴にハムトーストを食べたのは初めてだけど、これが意外にもピッタリ合うのである。

IMG_3733
【レモンサワー:300円】
そんなハムトーストにはレモンサワーをセレクト。セレクトとか横文字を使っておいてなんだけど、もちろんレモンサワーにもこのハムトーストがよく合う。何だか不思議な感じだけど、美味いものは美味い。

住宅街の中にあるお店だけど、店内はお客さんで賑わっている。その殆どが常連さんのようで、皆さん奥の席に並んで楽しそうに飲んでいる。常連席というわけでもないだろうけど、皆さんのいつもの憩いの場所なのだろう。

しかし、ハムトーストが酒の肴になるとは驚きだ。単純に見えてもしっかり美味い。次回来る機会があっても間違いなく頼むことだろう。

お会計は1,770円。どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。 

まこと居酒屋 / 赤羽駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7