みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_3877
野毛のハシゴ酒はまだまだ続く。庄兵衛からの2軒目は、以前からずっと訪問したいと思っていた若竹。いつかは行こうと思いつつ、なぜかいつも違うお店に行ってしまっていた。そして遂にこの日を迎えたのだ。

と、その前に、そもそも席は空いているだろうか。恐る恐る引き戸を開けてみると、、、    

昭和の雰囲気を残した店内は、かなりこじんまりとしており、一部テーブル席があるもののカウンター席がメイン。ちょうどカウンター席が空いていたので何とかそこに滑り込むことが出来た。 セーフ!

黙々とご主人が焼鳥を焼き、女将さんが仕込みをしている。フロアは娘さんだろうか、3人で切り盛りしている。

「コースになりますけど、よろしいですか?」

IMG_3881
【瓶ビール】    
郷に入れば郷に従え、もちろんコースでお願いすることにしよう。まずはビールで乾杯。しかし店内を見回してもどこにもメニューが見当たらない。 メニューが無いので当然値段も分からない。まぁ、きっと大丈夫だろう。     

カウンターの前にあるショーケースには串に刺さった焼かれる前の焼鳥が並んでいる。やはりこの方が見やすくていいね。そう言えば野毛の焼鳥屋さんはショーケースが置いてあるお店が多いような気がするけど、気のせいかな。

IMG_3883
串の前にやってきたのは大根おろしに「うずら」の玉子。箸休め的に頂く感じで、焼き鳥屋さんで出てくることが多いメニュー。

さぁ、いよいよ串がやってきた。

IMG_3887
【手羽元】
最初に登場したのは手羽元。焼き加減もバッチリでとても柔らかく美味しい。

IMG_3889
【皮、つくね、椎茸の挟み焼き】
続いてやって来たのは皮、つくね、椎茸の挟み焼き。どれも美味しいけど、特筆すべきは皮。とても柔らかくトロトロの食感で美味い!つくねも手作り感があって良い。椎茸も箸休め的に頂けてこれまた美味しい。

IMG_3894
【日本酒】
食べていたら何だか日本酒が飲みたくなってきた。思い立ったら吉日ということで、常温で頂くことにしよう。

「最後の1本は何しますか?他に追加しても大丈夫ですよ」

IMG_3897
【ハツ】
いくつかから選択出来るとのことだったので「ハツ」を選択。これも焼き加減がバッチリでジューシーな味わいだ。 どれも美味い!

ここまでがコースということかな。串を追加出来るとのことだけど、今日はこの辺にしておこう。

IMG_3900
【スープ】     
最後に登場したのは鳥スープ。熱々でコップが持てないほどだけど、これまた美味しい。中に入っているうずらの玉子もピッタリでネギと柚子が添えられる。優しい味わいで心も体も温まる。これはいいね。 

小さな店内ということもあるけど、常に満席の店内。途中諦めて帰って行ったお客さんもいた。それにしても、雰囲気といい、味といい、なんとも素晴らしいお店だ。もっと早く来れば良かった。オールマイティな野毛だけど、焼き鳥屋さんの名店が多いのも特徴。ここも文句なくその名店の1つだ。

お会計は二人で4,500円。どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。

焼き鳥 若竹焼き鳥 / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅
夜総合点★★★★ 4.0