みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

BlogPaint
今日は久しぶりに浅草にある「カルボ」へ訪問。茹で置き麺を使った炒め系のスパゲッティのお店。いわゆるロメスパと呼ばれるジャンルに近いお店だ。前回カルボを食べたので、今回は違うものを頼むことにしよう。熟慮の結果、あまり聞き慣れないメニューであるミカドを注文することに決定。

注文すると厨房からはスパゲッティを炒めている音が響き渡る。そう、ガンガン炒めるところがロメスパの特徴の1つでもあるのだ。

IMG_4356
【ミカド 普通:700円】 
湯気をモウモウとさせてながらミカドがやってきた。前回小を選んだら少なかったので、今回は「中」を選択。それしても湯気が凄く、なかなか消えない。これはかなり熱そうだ。具は、ベーコン、マッシュルーム、にんにくの芽、たまねぎ、シメジなどが入っている。

一口食べてみるとやはり熱々!焦げ目もついており、しっかり炒めている証拠。味付けはしょうゆ味の懐かしい味わい。ニンニク本体は入っていないものの、にんにくの芽が入っているのであっさりとした味わいの中でアクセントになっているのが面白い。味に派手さや複雑さはないけど、とにかくサッパリとした味わい。

今回は訪れたのは夜だったけど、女性でも食事を楽しめそうな雰囲気。ロメスパ系のお店は男性客が多いけど、その点が他のお店とやや違うようだ。

どうもご馳走様でした。