みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_8582
今日は淡路町。以前お店の前を通りかかった時に行列が出来ていて、ずっと気になっていた一福(いっぷく)へ訪問。香川と書いてあるので、どうやら讃岐うどんのお店のようだ。

ぶっかけ、しょうゆ、釜玉、釜玉バター、肉うどん等など、色んな種類があるけど、何を食べようかな。 初めての訪問だし、ここはシンプルに「かけうどん」を注文することにしようかな。その方がうどんの味が分かりやすいからだ。

なーんて、時間が中途半端なので、少し控えめにしたかっただけだ(笑)

温かけの値段は、小430円、中500円、大570円となっている。本場香川に比べれば割高だけど、ここは東京なので仕方がない。 
 
IMG_8441
【温かけ(小):430円】
ということで今回選んだのは温かけの小。見た目にもシンプルな感じでスープも透き通っている。さて、さっそく食べてみることにしよう。麺は思いのほか細めで、硬さはそれほどでも無いけど、コシは程良い感じだ。そしてツルっとした食感で喉越しが良い。太さ的に「噛む」というよりも「すする」ほうが食べ方として合っている気がする。

IMG_8444
それにしても、この出汁はカツオ節が入っているのかな?それだけでは無いにしろカツオのような風味が感じられ、ほんのり甘みも感じる味わい。讃岐うどんと言えば勝手にいりこ出汁が前面に出たものを想像していたけど、これまで食べた讃岐うどんとはやや異なる出汁。でも、なかなか良い味わい。

食べ終わってからメニューを見ていたら、カレーうどんもあったのか。それにしておけば良かったかな。。。

どうもご馳走様でした。次回訪問する機会があればカレーうどんを食べることにしよう。