みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

今日はお馴染みの神保町。と言ってもカレー屋さんに行くのではない。 

IMG_1215
訪問するのはスヰートポーヅ(すいーとぽーつ)。餃子本などでよく紹介されているお店である。

店内に入ると席がほぼ埋まっている。そこで他のお客さんが座っているテーブル席に相席させて頂くことになった。ありがとうございます!

早速メニューを眺めて、何を頼むか考える。

■餃子定食
【餃子定食:820円】
【中皿定食:1,070円】
【大皿定食:1,320円】

■餃子ライス
【餃子ライス:680円】
【中皿ライス:930円】
【大皿ライス:1,180円】 

■餃子単品
【餃子小(8個):500円】
【餃子中(12個):750円】
【餃子大(16個):1,000円】

■ライス単品
【ライス小:140円】
【ライス中:180円】
【ライス大:220円】

■味噌汁単品
【味噌汁:140円】

■水餃子・天津餃子
【水餃子(8個):700円】
【天津包子(5個):810円】

■飲み物
【瓶ビール中瓶:500円】
【日本酒一合:540円】

メニューを見ていてある法則を発見した。例えば、餃子定食。餃子に味噌汁とライスが付いているわけだけど、餃子小(8個)(500円)に、ライス中(180円)、味噌汁(140円)を加えるとちょうど餃子定食の820円になる。

餃子ライスは餃子小(8個)(500円)に、ライス中(180円)を加えると餃子ライスの680円になる。

名付けて「スヰートポーヅ」の法則!まぁどうでも良いか(笑) 

IMG_1192
【中皿定食:1,070円】
今回頼んだのは中皿定食。

餃子が12個入っているのが中皿である。更にライスの量で値段が変わる。中皿定食(1,070円)はライス中を前提とした値段となっている。今回は小ライスで注文したので実際は1,030円となる。


それはさておき、こちらの餃子は皮で包むというより、巻いてある感じ。つまり全て閉じていないのである。加えてニンニクが入っていないので平日の昼間でも安心して食べられるけど、かなりサッパリとした味わい。具は肉餃子なんだけど、それを差し引いてもサッパリしている。加えて、ラー油が置いていないので唐辛子を入れて食べている人もいる。そして味噌汁は赤だし。一般的な餃子をイメージすると、かなり異なるものであるとも言える。

どうも ご馳走様でした。では、そろそろ移動することにしよう。