みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_3173
今日は立会川。久しぶりに鳥勝に訪問することにした。 

早速店内に入ると多くのお客さんで賑わっている。1人であることを告げ、カウンターに座ろうとすると、常連さんと思われる方が、ここが空いていると、隣の席を指さしている。ありがとうございます、せっかくなのでその席に座らせて頂こう。

IMG_3178
【瓶ビール(大瓶):470円】
まずは瓶ビールで乾杯!銘柄はキリンラガーだ。

IMG_3247
注文はカウンターの上に置いてある紙に自分で記入する。ルールは知っているけど、隣の常連さんが親切に教えてくれた。年季の入った一升瓶で飲んでらっしゃるのでかなりの常連さんなのだろう。

IMG_3223
さて今日は何を頼もうかな。既にいくつか食べるものは決まっている。

よく見たら、「きたなシュラン」の認定証が置いてある。そうだったのか、きたなシュランに出ていたとは知らなかった。

IMG_3181
【煮込み(牛):490円】
鳥勝に来たら外すわけにはいかないのが煮込み。牛モツの煮込みで脂の部分を残した濃厚な味わいで間違いなく美味い。以前より値段は上がったようだけど、全然問題ない。

何度食べてもやはり美味い!!個人的に、こちらの煮込みは都内の居酒屋でも五本の指に入る好きな煮込みなのである。

ちなみに複数だったら煮込み豆腐がボリュームがあって良いかもしれない。残ったスープに串を浸して食べるのも美味い。

IMG_3194
【生野菜シングル:270円】
バランスを考えて生野菜を頂こう。レタスにトマト、キュウリの上にマヨネーズと特製焼肉ダレ?をかけただけのものなんだけど、これが何故か美味いのである。この組み合わせの妙と言って良いのか分からないけど、こういうのが好きだ。

IMG_3183
【ミノ刺し:290円】
続いてはミノ刺し。値段が値段だけに量は少ないけど、1人分にはちょうど良い。

IMG_3197
【カシラ、テッポウ、パイ、レバー:80円】
もちろん、鳥勝に来たなら串も外せない。注文したのはカシラ、テッポウ、パイ、レバー。カシラは醤油、その他は塩味。上ミノ(160円)以外は、一本80円。このご時世で80円は偉い!

それにしてもやはり醤油が美味い。以前は醤油は2本から注文可能と聞いたことがあったけど、今はどうなんだろう。とりあえず2本頼んでみたけど、美味いから良いのだ。

IMG_3235
カウンター席とテーブル席の切れ間には製氷機、そしてホッピーやビールのケースが置いてある。追加の氷は自分で入れる。空いた瓶は自分でケースに戻す。厳密なルールという程ではないだろうけど、皆さんお店の方を気遣って自主的にそうしている。自分も空いた瓶はケースに戻すことにしよう。こういうのが何となく好きだったりする。

IMG_3216
【レモンサワー:340円】
ビールも無くなったのでレモンサワーへシフト。こちらのお店は青汁ハイ(370円)を除いてサワー類は340円、ホッピーは360円となっている。焼酎の量は昔はシングルもあったのかな?今は恐らくダブルしかないので焼酎が多め。加えてダイヤ焼酎なので飲み過ぎると確実に向こうの世界に行ってしまうので慎重に呑むことにしよう(笑)

IMG_3238
【タン:80円】
続いては追加でタンを注文。こちらも醤油で頂くことにした。思った通り、これもカシラに勝るとも劣らないくらいに醤油味がピッタリ合う。何故タンを醤油味にしようかと思ったのは、本所吾妻橋の「わくい亭」で、タンの醤油漬けを食べて美味しかったからだ(笑)飲兵衛の知恵袋というか、発想の浅はかさに自分でも呆れるところだが、美味いものは美味い。

IMG_3241
【青汁ハイ:370円】
最後は青汁ハイ。最近の記事で青汁は美味しくなったとか語ってみたけど、こちらの青汁は伝統的な味わい。でも、健康に良さそうな味わいということを付け加えておこう。

IMG_3244
今回気が付いたのは売り切れになったら札が裏に返されることだ。もっとも串だけは札になっていて、他は味のある継ぎ接ぎメニューなのであくまで一部ではあるけれど。

雰囲気良し、値段良し、味良しと、やはり良い居酒屋だ。

どうもご馳走様でした。もちろん、またお邪魔したいと思います。

鳥勝居酒屋 / 立会川駅鮫洲駅大井競馬場前駅
夜総合点★★★★ 4.3