みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

旭川に到着してすぐにホテルにチェックイン。旭川の街に繰り出そう。ジンギスカンの大黒屋に行ってみたらなんともの凄い行列(汗)後で分かったんだけど、海外の観光客がかなりの人数をしめているとのこと。

ここ最近、どこに行っても外国人の観光客が増えていることを改めて実感する。 あまりの大行列に並ぶのを諦め、目的地を変更。

IMG_4458
やってきたのは、とある路地裏にある姫小路という一角。

BlogPaint
訪問するのは馬場ホルモン。旭川に来ると必ずと言って良いほど立ち寄っているお店。自分の中ではもはや定番のお店になりつつある。看板も暖簾もいい味を出している。

相変わらず渋い雰囲気が漂っている。初めて来た時は、えっ?このお店?一瞬躊躇したものだ。最近はこういう雰囲気が大好物になってしまった。慣れというのは恐ろしい(笑)

いざ入ってみると、やはりお客さんで賑わっている。ほとんどが地元のお客さんといったところで観光客少ない。

座敷席とカウンター席がある。1人であることを伝えて、カウンター席へ座る。これまでもカウンターにしか座ったことがない。こちらの面白いところはカウンター席を対面式で使うこと。つまり、2人の場合はカウンター席に横並びだけではなく、対面式に座ることが出来る。

メニューはいたってシンプルで食物はミックスホルモンしかない。その他はドリンクのみと潔い。

これまで値段が良く分からなかったけど、今回色々なことが分かった。

先に書いておくと、

ホルモンの値段と量について、左隣のお客さん頼んでいるのは2人前で、店員さん曰く800円。それとは別に、1.5人前は600円で、何も言わないとお1人様にはこれが出て来るようだ。当然、2人前と比べるとやや少ない。

続いてはドリンク。右隣のお客さんのお会計は瓶ビール2本と、ホルモン1.5人前で1,600円。自分のお会計は瓶ビール1本と、角ハイボール、ホルモン1.5人前で1,500円。つまり、瓶ビールと角ハイボールの差額は100円ということになる。

余計な前置きが長くなったけど、整理すると、ホルモンは1.5人前で600円。2人前は800円。1人前が存在するのか知らないけどそんな感じのようだ。ドリンクは、ビール中瓶500円、角ハイボール400円とこちらも非常に分かりやすい。

IMG_4467
【ビール:500円】
まずは瓶ビールで乾杯!このお店の雰囲気には瓶ビールが良く似合う。ビールはもちろんクラシック。

IMG_4470
早速、年季の入った七輪がセットされた。食べ物はミックスホルモンのみなので準備が早い。この使い込んだ七輪と網に歴史を感じる。

IMG_4475
【ホルモン(1.5人前):600円】 
そしてホルモン。馬場ホルモンの食物はミックスホルモンのみ。量によって値段が異なるが、前述のとおり、1人だと1.5人前出てくるようだ。2人前は800円となる。 

味はシンプルに塩味。これはホルモンも玉ねぎも同じ。素材が良ければ余計な味付けはいらない、まさにいぶし銀。

IMG_4477
早速七輪の上にのせて焼いていこう。使い込まれた七輪と網が本当にいい感じである。ホルモンはよく焼かなければならないのだが、逆に焼き過ぎてはいけない。意外とちょうど良く焼くのが難しかったりする。まぁいつも大体で焼いているんだけど。

今回、あらためて部位を観察すると、ガツが多くを占めているようだ。時折、テッポウ、チレが少々入っている感じ。

シンプルな塩味だけど、ホルモンの旨みが感じられて美味い。これは鮮度の良い証だろう。ビール飲みながらホルモンをつまむのがまた格別。あー幸せだなぁと思うひと時でもある。

IMG_4482
ホルモンは串で食べるのも良いけど、七輪で自分で焼きながら食べるのも楽しいし、こちらの方が何だか旅情をそそるのである。 

IMG_4483
【角ハイボール:400円】 
ビールもなくなったので角ハイボールへシフト。こちらのお店は冷蔵庫に入っている缶と、氷の入ったジョッキが出て来る。ある意味割り切ったスタイルとも言えるが、こういうのも悪くない。

ちなみにホルモンを持ち帰り用を注文している御客さんも多い。どうやら宅配で送ってもらうことも出来るようだ。

「函館とかでも大丈夫?バイクに乗って持ってきてくれるんでしょ?」

「それじゃ腐っちゃうわよ!!」

「確かにそうだね(笑)」

もくもくとした煙の中、店員さんとお客さんのやり取りが面白い。味はもちろん、そんな雰囲気もあって地元のお客さんが集うのだろう。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。

馬場ホルモンホルモン / 旭川駅旭川四条駅新旭川駅
夜総合点★★★★ 4.0