みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_4491
馬場ホルモンからの2軒目は「ぎんねこ」。過去に1度だけ訪問したことがある。焼鳥や新子焼きで有名なお店だ。 

IMG_4494_2
まずはドリンクをチェック。ビールにするかハイボールにするか、かなり悩む。何故なら、どちらも鳥料理には良く合うからだ。

IMG_4503
【生ビール小:300円】
散々悩んだが、ビールを飲んでからハイボールを呑めば良いという単純な結論に達した為、まずは生ビールからスタート。

IMG_4509
【お通し:?円】
お通しだったのがきゅうりの浅漬。確か季節の漬物と同じだったような気がするけど、気のせいだったかな。

IMG_4497_2
さて、肴を頼むことにしよう。もちろん新子焼きは頼むとして、それまでの間に他のメニューも頼んでおきたい。シンプルに冷奴を頼もうとしたところ、
 
「辛いのは大丈夫ですか?」

もちろん大丈夫なのでそのまま注文することにする。果たしてどんな冷奴が出てくるのだろう?もちろん、新子焼きも合わせて注文。

IMG_4512
【冷奴:250円】
クイックメニューの冷奴は唐辛子の入ったタレが添えられている。このタレが思いのほか冷奴にピッタリで美味い!普通に醤油に薬味という食べ方も良いけど、この食べ方はかなり気に入った。

IMG_4513
【角ハイボール:450円】 
さて、ビールも無くなった。冒頭の作戦?の通り、続いてはハイボールを注文。すると、先程の馬場ホルモンと同じように缶で出てきた。都内の居酒屋でこのスタイルで出てくるのは珍しいけど、旭川ではどうなのかな??味が安定するという意味で良いのかもしれない。

しばらく待っていると、お待ちかねの新子焼きがやってきた!

IMG_4520
【新子焼き:1,200円】
時間がかかると言われた新子焼き。出てきでびっくり!で、デカい!あれ?こんなに大きかったかな。食べたのはだいぶ前なので記憶が曖昧(汗)

IMG_4524
と思ったら、もう1つ出てきた。うぉ、これはボリュームがある。 

少し呆然としていたら店員さんが、

「写真撮りますか?」

と、聞かれたので、撮ります!と答える。取り急ぎ写真を撮らせて頂く。

IMG_4527
写真撮影後、店員さんが一旦お皿を下げ、食べやすいようにカットしてくれる。なんと有り難いサービスではないか。観光客を意識してくれているのだろう。何だか嬉しくなる心遣い。

IMG_4535
もちろん、もう1つの方もカットしてくれる。1人だとこれだけでお腹一杯になりそうだ。

では、頂きます!香ばしく焼かれた鳥とタレが絶妙にマッチしていて美味い!ハイボールにもピッタリ合う。もちろん食べ応え十分。ボリュームはあるけど、難なく完食。

単に焼いただけでなく、このタレの味との組み合わせがあって新子焼きなのだ。やはり旭川に来たら新子焼きも外せない。

さすがにお腹いっぱいになったので、そろそろお会計にすることにしよう。2,800円也。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。

焼鳥専門 ぎんねこ焼き鳥 / 旭川駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8