みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_4639
本日最後のお店は独酌三四郎(どくしゃくさんしろう) 。旭川、いや北海道を代表する居酒屋さんである。元々は最初の1軒目に訪問しようと思っていたけど、孤独のグルメの影響で混んでいるのではないかと思い、時間帯をずらしての訪問。

居酒屋の法則「二巡目を狙え」である。

お店に行ってみると、すんなり入店。もちろんカウンター席に座る。色白のおかみさんと、真っ黒なご主人の御二人がお出迎え。

IMG_4642
【お通し:500円】
お通しは今も昔も変わらず酢大豆。シンプルだけど味わい深い。

IMG_4645
【角ハイボール:650円】 
日本酒にするか一瞬迷ったけど、まずは角ハイボールから頂こう。薄口グラスということもあり、口当たりもよく美味しさが増す。

IMG_4648
【手造り塩辛:400円】
大好物の塩辛。ハイボールを飲んでいたけどシンプルに日本酒を合わせたくなったので、これは温存しておこう。

IMG_4656
【西神楽ソーセージ:500円】
さらに西神楽ソーセージ。西神楽とは旭川から南の方にある町。恐らくその町のソーセージということだろう。ハイボールとの相性も良いのは言うまでもない。

IMG_4657
【風のささやき:550円】
さて、次は日本酒。選んだのは高砂酒造の「風のささやき」。スッキリとして呑みやすいのでいつもこちらに来たら必ずと言って良いほど頼んでいる。どうでも良いが、たまに「女将のささやき」と間違えてしまう(汗)いや、実際には「ささやき女将」だったかな。

時折、風に吹かれて風鈴が鳴る。お店の造りもそうだけど、風情があって良い。

プレートに入った見慣れないメニューがある。女将さんにいつから始めたんですか?と聞いてみると、ここ何年か前のこと。あれ?そうだったかな?

以前はかなり渋いメニューのみだったはずなんだけどなぁ。何でもお客さんに指摘されて始めたとのこと。こちらにはグランドメニューが書かれているようだ。メニューはまたリニューアルするらしい。 

まったり呑んでいると、小上がりに座っていたお客さんがご主人に話かける。

「孤独のグルメの影響で混んでいるのかと思ってましたよ」

実際自分もそう思っていたので会話に耳を傾ける。

ご主人は、

「いやいや、そんなこともないですよ。覗いてみてもらえれば入れるので」

と仰っている。

こちらは居酒屋さんだけど、孤独のグルメではお酒が飲めない主人公の設定に合わせてあたかもお食事処のような内容になっていたので、どうなることやらと心配していたら、あまり影響が無かったようで、ほっとひと安心。

さて、続いては何か焼いてもらおう。頼もうとした肴が売り切れだったのでホタテを焼いてもらうことにした。

IMG_4665
【ホタテ焼き:550円?】
そしてお待ちかねのホタテ焼き。焼き加減もよく、日本酒によく合う。

お店の雰囲気といい接客といい、そして酒と肴といい、何度来ても良い居酒屋さんである。

お会計は3,402円。どうもご馳走様でした。もちろん、またお邪魔したいと思います。

独酌 三四郎居酒屋 / 旭川駅
夜総合点★★★★ 4.0