みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

今日は久しぶりの渋谷。渋谷といえばもちろんあのお店だ。

IMG_5024
訪問するのは富士屋本店。

IMG_5026
立ち呑み界のレジェンド!?とも言われるお店である。

「大衆立呑酒場」

相変わらず看板が渋い。

IMG_5035
階段を下り、地下の秘密基地へ潜入すると短冊メニューがズラリと貼られている。もちろん、これが全てではない。でもメニューが書かれている場所がバラバラなのでここで少し予習しておくのもポイント。

毎度のことながら相変わらず多くのお客さんで賑わっている。入口で店員さんに2人であることをピースサインで示すと、奥に回ってくださいとのこと。ぐるっと回ってちょうど向こう側へ行くと、周りのお客さんに声をかけてスペースを確保してくれた。ありがとうございます。何度もこちらのお店には来ているけど、思えばこの辺りのスペースで飲むのは初めてだ。

IMG_5044
【ビール大:450円】
キャッシュオンデリバリーなので、カウンターの上に千円札と小銭を置いて、まずはビールで乾杯!大瓶で450円は庶民の味方である。

店内の壁にはメニューが点在している。まずは頭に入っているメニューの中からいくつかセレクトすることにしよう。

IMG_5049
【スパサラ:200円】
まずは定番のスパサラ。正式名称は言うまでもないがスパゲッティサラダ。なぜかここに来ると食べたくなる。シンプルだけど好きな肴。ポテサラもあるけど、何となくこちらを注文してしまう。

IMG_5053
【シメサバ:350円】
続いてはシメサバ。大きめで肉厚なシメサバが4切れ。よくしめてあるタイプ。

IMG_5058_2
厨房をとり囲むように巨大なカウンターが連なる。一部は壁側にもカウンターがあるので、キャパとしてはかなり多くの人が呑める。キャッシュオンデリバリーなのでカウンターの上にはお金が点在している。

IMG_5052
【ハムキャ別:350円】
続いてはこちらの定番であるハムキャ別。ちなみに字を間違えたわけではない。「ハムキャ別」が正式名称。ハムが高級ロースハムに変わったとのことで値段が上がっている。シルエットも心なしか美しくなったような気がする。どうでも良いけどハムキャベツのハムは過去何度か変わっている。一時期は丸いハムをカットしたものに変わってしまったことがあったけど、現在は初代にスタイルに近い感じなのかな。それはさておき、千切りキャベツにマヨネーズ、その上にロースハムという単純な組み合わせなんだけど、十分酒の肴になる優れもの、なお且つヘルシーなところも見逃せない。

IMG_5075
【ハムカツ:200円】
続いてのハムカツも定番の一品。硬めのクリスピーなハムカツ。予めソースがかかっている。

さて、ビールも無くなったので次のドリンクを頼もう。

IMG_5061
【炭酸:100円】【焼酎:600円】 
次はチューハイを飲もうと思ったので、焼酎と炭酸を注文。出てくるのは氷の入ったグラスに炭酸と焼酎の瓶。これを自分の好みで割って作るのである。つまりチューハイを頼もうとしても、予め割ってあるものは無いということである。ホッピーの場合は、同じく焼酎の瓶とホッピーのソトということになる。

IMG_5064
【カットレモン:200円?】
レモンサワーにしたかったので、カットレモンもお願いする。カットレモンの値段が正確ではないけど、炭酸2本で200円、焼酎1つ600円、ハムカツ200円、カットレモン1つ200円?とした計算すると1,200円だったので、恐らく200円だったと思われる。

IMG_5068
何はともあれ 全部合わせてレモンサワーの完成!いただきまーす!うっ、ちょっと濃かったかな(汗)

IMG_5079
【子持ちシシャモ天:350円】
ツマミも追加することにしよう。続いては子持ちシシャモ天。注文が入ってから、しっかりフライヤーで揚げて作っている。大根おろしたっぷりなのが嬉しい。実際には天ぷらというよりは唐揚げに近い味。

焼酎が余ったので、最後に炭酸(100円)をもう1本追加することにしよう。
 
それにしても相変わらず安い。それもあっていつも大混雑で大賑わい。場所によっては注文しにくいこともあったり、タイミングがくるのをぐっと待つ必要があったりと。

大人の地下秘密基地と言っていたこともあるけど、これだけ大賑わいだと秘密でもなんでもない感じもする(笑)まぁ、こんなガヤガヤ感も魅力の1つだと思う。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。 

富士屋本店立ち飲み居酒屋・バー / 渋谷駅神泉駅代官山駅
夜総合点★★★★ 4.0