みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

中華街で餃子を食べ、山下公園に到着。お腹が一杯なので、散歩がてらぶらぶら歩こうかなと思っていたら、シーバスがあることを思い出した。せっかくなのでシーバスに乗って赤レンガ倉庫へ行ってみることにした。

距離が近いのであっという間に到着。さらにぶらぶら歩いて野毛に到着したのは夕方。どのお店もかなり賑わっているようだ。

BlogPaint
最初に目指したのは「末広」。お店の前に到着すると、普段は行列しているのにこの日はなんと数名しか並んでいない。しかもその人達もすぐに店内へ。何かあったのかな?おもむろに店内を覗くと、かろうじてカウンターに席が空いているではないか。

これはラッキー!ということで、さっそく店内に入る。カウンター、テーブル、そして奥は小上がり席になっているが、やはりカウンターで呑みたいのでちょうど良かった。

カウンターの中には、センターに御主人さん、そして若い店員さんが焼き台、その他の店員さんがフロアを担当。家族経営のような雰囲気だ。 

IMG_6347
飲み物は比較的シンプル。ビールはキリン、アサヒ、サッポロから選べる。

IMG_6335
【ビール大瓶:700円】
まずは瓶ビールで乾杯!いくつか銘柄が選べるけど、今回はキリンの秋味を選択。

IMG_6338
【お通し】
お通しはキャベツ。焼鳥の箸休めと言ったところかな。

IMG_6346
お食事メニューも非常にシンプル。焼き物以外は冷やしトマトのみ。串は一部を除き、2本縛りで注文する必要がある。そしてさり気なく「くずさずにお召し上がりください」と書いてある。最近、焼鳥はそのまま食べるか、それとも串から外ずして食べるか論争が盛んだ。個人的にはどちらでも良いと思うが、いずれにしても温かいうちに食べるのが美味いのは間違いない。そういう意味では外さないで食べるのが美味しいとも言える。また、お店によっては位置によって塩加減や部位を少し変えているところもあると聞く。要はそのお店のオススメの食べ方で食べれば良いということか。

IMG_6353
【冷やしトマト:420円】
串が出て来るまで時間がかかるので、まずは冷やしトマトを頂こう。恐らく丸々1個分?いやもっとかな?をカットしているタイプだ。それにしても盛り方が大胆。

さて、焼鳥を頼むことにしよう。目についたものをいくつかまとめて注文していると、

「レバとモツはタレにしますか?」 

味について店員さんから確認が入る。こういう時はおすすめに従ってタレでお願いすることにしよう。 

しばらくまったり飲んでいると、満席ということもあるのか、待てど暮らせどなかなか焼鳥が出てこない。やはり冷やしトマトを頼んでおいて良かった。

さらにダラダラ飲んでいると、ようやくお待ちかねの焼鳥がやって来た!

IMG_6356
【レバ:1本200円】 
まずはレバ。これは豚のレバである。焼き加減バッチリ。そしていつも思うのだけど、具が丁寧にカットされていることもあり、串の形が非常に美しいのも末広の特徴。 

IMG_6362
【ねぎ肉:1本190円】
続いては、ねぎ肉。いわゆるネギ間である。

IMG_6371
【ピーマン肉:1本200円】
さらにピーマン肉。ねぎ肉のねぎがピーマンになったものというのが表現が正しいかな。

IMG_6392
【モツ(鳥レバ):1本190円】
そしてモツは鳥レバ。しっとりとしたレバの食感とプリプリした食感の2つが楽しめる一品。個人的には末広で一番好きな串。

IMG_6381
【小たぬき:550円】
そして最後に「たぬきの小」を注文。通称:小たぬき。容器がたぬきなのでそう呼ばれているのだろう。こちらは常温で頂く。焼鳥は日本酒にも良く合う。 

普段食べている焼鳥屋さんより値段はややお高めだけど納得の味。特に週末ともなると行列が絶えない人気店。今日はすんなり入れて運が良かった。さて、そろそろお会計にすることにしよう。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。

お店を出るとやはり行列が出来ていた。それにしても本当にタイミングが良かった。

さて、野毛に来たならはしご酒。では次の店に行くことにしよう。

野毛末広焼き鳥 / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7