みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。
 
今日は麻布十番。訪問するのは、フレンチレストラン、、、

IMG_6707
ではなく、「あべちゃん」。

ここに来るのは久しぶり。その昔、会社の同僚と3人で飲みに来たことがある。

早速店内に入る。焼き台の前にある隕石のようなタレ壺は相変わらず圧倒的な存在感を放つ。

以前訪問した時がどうだったのか覚えていないけど、一部の店員さんは海外の方。まさにグローバル化の波が押し寄せている。

IMG_6721
串はやきとん以外にも焼鳥や牛ハラミ焼きなどがある。

IMG_6724
サイドメニューの名物の牛もつ煮込みを筆頭に定番の品がラインナップ。何故かご飯のセットも置いてある。

IMG_6727
ドリンクは定番のビールに日本酒、焼酎の他に、

IMG_6730
ハイボール、サワー、よく見たらなんとワイン(410円)どころか、ワインのボトル(2,100円)も置いてあるではないか。
 
銘柄は「マルケス デ トゥーリア」??

いかにも舌を噛みそうな名前ですぐに忘れそうだけど、

「サクセス デ トウヒ ケア」

と聞こえなくもないし、覚えやすい。

もつ焼き屋さんにワインが置いてあるとは、さすがセレブの街、麻布十番。

話がそれたけど、串は1本170円〜とお高め。しかも二本縛りなので1人だと頼むものが限られてしまう。一応、五本の盛り合わせもあるけど、内容はあくまでお任せなのでやめておこう。170円の串が五本で850円なので、値段は変わらないようだ。

IMG_6717
【ハイボール:410円】
そんなこんなでまずはハイボールで乾杯!角ではなくデュワーズのハイボール。なんだかそれだけでお洒落な感じがするのはここが麻布十番だからか。

IMG_6742
【牛もつ煮込み:650円】
頼むかどうか悩んだけど、折角なので頼んでみたのが牛もつ煮込み。値段は650円とこちらもお高め。いくつかの部位が入っているけど、牛もつの脂の部分をそのまま残していることもあり、脂ギッシュな濃厚な味わい。それに加えて味付けが甘く感じる。いや、実際にかなり甘い。我が煮込み人生?の中でもトップクラスの甘さ。ちなみに持ち帰りで買って帰るお客さんも多いようだ。

IMG_6751
【シロ:170円】
もつ焼きの定番であるシロ。キャベツが添えられているのが珍しい。プリプリというよりも、歯ごたえのある食感。タレは甘め。

IMG_6760
【カシラ:170円】
お肉な食感は、まさしくカシラ!しかもカットレモンが添えてあるところがお洒落。

IMG_6762
最後にハイボールをおかわり!

それにしても客層は様々。麻布十番というとセレブな街みたいなイメージがあるけど、このお店はこの街にしっかり根付いている。また偶然か海外のお客さんもチラホラ。彼らにも、もつ焼きの味が分かるということなのかな。

さて、そろそろお会計にすることにしよう。合計2,150円也。

どうもご馳走様でした。では、そろそろ帰ることにしよう。