みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

今回は立石の 宇ち多゛に訪問。時間は19時頃。お店の前に到着すると平日のこの時間ということもあるのか、行列はなし。あっという間に店内へ。

「梅割り?」

『小瓶お願いします』

IMG_9142
【瓶ビール(小):400円】
まずはビールで乾杯!今日一日お疲れ様でした。

この時間になると残っているもの限られる。この日はいつものレバ、シロ、ガツ、アブラの4種類とのこと。

IMG_9143
【ガツ生・アブラ生:200円】
最初の一品目はガツ生とアブラ生。符丁は「ガツとアブラ少ないの 1本づつ お酢」。アブラは少ないところを指定して注文することが出来る。自分の場合はどちらも好きだけど、最近は「アブラ少ないの」を頼むことが多い。

IMG_9152
【シロ:200円】
続いてはシロ。いつもタレで頼むことが多いけど、この日はシロ味噌で頂く。シロはどんな味でも合うけど、それは下処理をきちんとしているからこそだと思う。加えて宇ち多゛のシロは大ぶりなのが嬉しい。 

IMG_9155
【梅割り:200円】
ビールに続いては定番の梅割りにシフト。年中常温なので季節によって温度が異なるのもまた風情があって良い。冬に近づくにつれて冷えた梅割りが身に染みるのである。

IMG_9163
【アブラ:200円】
最初にアブラを食べたけど、今度の焼いたものを食べよう。符丁は「アブラ少ないところ 味噌」。シロと同様、アブラも色んな味に合うので食べ方のバリエーションが多い。よく焼きで食べるのが好みだったりする。

IMG_9164
そして最後に梅割りをおかわり。半分にしようかと思ったけど、せっかくなので普通に頂こう。

訪問した時間が遅かったこともあるけど、徐々に席が空き始めた。このゆったりとした雰囲気のまま店じまいに入っていく。地元の人にとっては日常の出来事だろうけど、混んでいる時間帯に訪問することが多いので、この雰囲気は何だかとても新鮮に感じる。食べられる串は限られるけど、この雰囲気の良さもまた格別。 

注文・頼み方については以前、以下の記事で書いてあるのでご参考まで。

宇ち多゛(うちだ)の注文・頼み方(立石)
http://dodeshow.doorblog.jp/archives/28898884.html

どうもご馳走様でした。もちろん、またお邪魔したいと思います。