みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

この日はJR根岸線の石川町駅で下車。元町にも中華街に近いけど、この駅で降りるのはかなり久しぶりのこと。

IMG_9283
目指すお店は、鯖寅果実酒商店。なかなかインパクトのある名前。

BlogPaint
お店はひっそりとした住宅街の一角にある。立ち飲みスタイルの小さな店内は賑やかな様子。カウンターは満席というかスペースが無さそうだったので、テーブル席で飲むことにした。テーブルと言っても、もちろん立ち飲みである。

IMG_9288
黒板にはお洒落なメニューが並ぶ。

IMG_9290
普段食べている居酒屋メニューとは異なるので、何を頼むか少々悩む(汗)

お店はご主人が1人で切り盛りしている。それほど大きなお店ではないけど忙しそう。

IMG_9295
【こぼれスパークリングワイン:500円】
まずはスパークリングワインで乾杯!名前に偽りなし、本当にこぼれそう。表面張力でギリギリ持っている感じだ。こういう時は口から迎えに行く。日本酒がなみなみ注いである時に多く用いられる手法だけど、こういう時にも役に立つ。

IMG_9304
【ハモンセラーノ24ヶ月熟成:300円】
ワインといえば、という訳ではないけど、ハモンセラーノを注文。言わずと知れた生ハムである。ボリュームはさておき300円はお得。

IMG_9307
【オリーブとドライトマトのマリネ:300円】
続いてはオリーブとドライトマトのマリネ。黒い方は種無し、緑は種がある。こちらも300円とやはりお安い。

IMG_9317
【有頭海老のアヒージョ:500円】
さらに有頭海老のアヒージョは、海老が4つ入って、なんと500円。しかも頭の部分と身の部分が食べやすいように分けてある。

IMG_9325
【すだち酒:500円】
最後に「すだち酒」を追加。 ワイン以外のお酒も置いてあるのかと思ったら、ここは果実酒店だった(汗)

おつまみも全体的にお安めで丁寧に作っている。立ち飲みスタイルで気軽に飲めるし、普段使いにピッタリの地元の皆さんの憩いの場といった雰囲気のお店。

どうもご馳走様でした。では、次のお店に行こう。