みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

ところで、立ち食い蕎麦というと大手のチェーン店が多いような気がするけど、実際にはそうではないお店も存在する。麺1つとっても予め茹でてあるものを使ったり、生麺から茹でるところもあったりと様々。最近では立ち食い蕎麦屋さんだけを取り上げたガイドブックまで出ていたりする。

立ち食い蕎麦屋さんにはよくお世話になっている。特にお昼を食べ損ねた時だ。15時位にガッツリ食べると、夜飲みに行ってもあまり食べられないので何を食べるか悩むことが多い。でも、蕎麦をだったら、夕方にはお腹が減って、夜は美味しく呑めるのである。

呑兵衛の生活の知恵「昼食べ損ねたら、蕎麦を食え」

何だか当たり前のようだけど、実際にそう思う。

IMG_9788
今回訪問するのは「よもだそば」。立ち食い蕎麦屋さんとして有名なお店で、ここ日本橋に本店を構える。本店といっても店舗は2店舗のみ。もう1店舗は銀座店。どちらも抜群の立地だ。

IMG_9769
立ち食い蕎麦のガイドブックなどでは必ずと言っても良いほど紹介されているお店。蕎麦はもちろん、実は本格的なカレーも有名なのである。店頭で何を頼むか考える。蕎麦にするか、それともカレーにするか。そんな時にはピッタリのメニューがある。今日はこれにしよう。入り口入ってすぐの券売機でチケットを購入。奥のカウンターでチケットを渡す。

IMG_9775
【半たぬきそば、半カレーセット:500円】
今回注文したのは半たぬきそばと半カレーのセット。蕎麦とカレーのどちらのニーズにも応える絶妙な組み合わせのメニュー。

IMG_9781
まずはカレーを頂こう。そば屋さんのカレーとは思えない本格的なインド風のカレー。トマトの酸味がほんのり効いたスパイシーでサラサラとした味わい。

IMG_9782
続いては主役の蕎麦。もちろん自家製麺の生麺を使用。つるりとした食感で、おつゆも含めてしっかり楽しめる。

それにしても巨大かき揚げそばを食べている人が多い。そう、こちらのかき揚げは巨大なことでも有名なのである。蕎麦がメインなのか、かき揚げがメインなのか、もはやどちらが主役か分からない(汗)

ちなみに店内のチラシによると、よもだとは、愛媛県松山市の方言で「いいかげん」、「ぬけている」、「だらしない」、「悪ふざけ」という意味で用いられることが多いらしい。でも実際は、「しょうがないねぇ」、「なんだか憎めない」というユーモアとエスプリを兼ね備えた言葉というニュアンスもあるようだ。

フランスの「エスプリ」、イギリスの「ユーモア」、伊予の「よもだ」。何だか並べると余計に分かりにくいが、要はそういうことらしい(汗)

このブログ名も「エスプリの酔うさん」にしてしまおうか。いや「よもだの酔うさん」かな?

とにかく、このお店は好きな立ち食い蕎麦の1つであるのは間違いない。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。

よもだそば立ち食いそば / 日本橋駅三越前駅東京駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7