みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

今日は淡路町・小川町エリア。有名な洋食屋さんである七條に訪問したら満席の上に、行列が出来ている。これは少し待ちそうだ。あまり待っている時間もなかったので、潔く諦めることにしよう。

近くのお店で何かないかと探してみると、立ち食い蕎麦屋さんを発見。よし、このお店にしよう。

IMG_0871
今回訪問するのは「穂のか」。一見普通の立ち食い蕎麦屋さんなんだけど、よく見ると結構違う。まず蕎麦を選ぶ。続いて量、そして食べ方、最後にトッピングだ。特に珍しいのはそばの種類。十割そばというのも立ち食い蕎麦屋さんでは珍しいような気がする。

と思ったら、京橋にある恵み屋をそっくりではないか。後で調べたら恵み屋の暖簾分けのお店のようだ。ということは押出式の製麺機を使っているのかな。偶然発見したとは言え、これは面白い。早速入ってみよう。

IMG_0880
【韃靼そば(小):350円】
今回選んだのは韃靼そばの小。冷盛り、冷汁、トッピングなしで注文。支払いは先払い方式。文字通り小なので少なめだけどこの位で丁度良い。

IMG_0886
歯ごたえのある食感で、十割蕎麦ならではの風味を味わいながら食べすすめる。恵み屋でも思ったけど、十割蕎麦を立ち食いで食べられる時代が来るとは。いや単に自分が知らなかっただけかもしれない。最近、自分の中では密かな蕎麦ブーム。単なる蕎麦だけではなくて、立ち食い蕎麦が熱い。昔に比べたらレベルが上がっているような気がしてならない。

どうもご馳走様でした。また近くまで来たら寄らせて頂きます。