みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

有楽町にある交通会館の地下飲食街。ここは、いろんなジャンルのお店が揃っているので、昼食を食べるには思いのほか便利だったりする。

IMG_3373
その中の一つである博多うどん 「なかなか」に訪問することにした。券売機でチケットを購入。かしわ飯がセットになったものが気になったけど、どの程度のボリュームか分からなかったので、今日のところは、うどんだけにしよう。

トッピングは何にしようかな?丸天がいいかな、わかめもいいね。でも、純粋にうどんの味だけを楽しんでみたいので、シンプルに「すうどん」にしよう。

IMG_3375
【すうどん:400円】
注文すると、あっという間に「すうどん」が登場。当たり前だけど、ネギとカマボコのみのシンプルなトッピング。一口食べてみると、や、や、柔らかい!驚愕の柔らかさ!!偶然かいなか、凄く柔らかい。語弊があるかもしれないけど、知らないで食べると、まるで伸びてしまっているようにも感じる。

これは初めて食べたけど、なかなかインパクトがある。壁に貼られたポースターにも柔らかいと書いてあるので、そういうものなのかな。

でも、逆に言えば消化が良さそう。体調を崩している時などには体に優しいといえるかもしれない。

うどんだけではなく、特徴的なのは透き通ったスープ。しっかり出汁が効いており、柔らかいうどんをスープが優しく包み込んでいるような味わい。

食べすすめていると、卓上には3種類の唐辛子が並んでいることに気が付いた。そのうちの1つである激辛をうどんへ投入してみる。ほんのすこし入れただけなのに、一気に辛くなった。いつものように大量投入するところだったので危なかった(汗)

あっという間に食べ終わったけど、前日食べ過ぎなら、この位の方がちょうど良い。

どうもご馳走様でした。