みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

今日は呑兵衛の聖地である立石。東京の酒都とも言われるこの街で1番訪問しているのはやはり宇ち多゛。

到着したのは平日の夕方。数人が並んでいたけど、あっという間に店内へ。週末ともなると大行列が当たり前だけど、平日の夕方はこんな感じですんなり入れる時もあったりする。

IMG_8188
【ビール小瓶:400円】
まずはいつものビールで乾杯!まるでルーティーンのようになっているけど、これもまた良し。

IMG_8189
【ボイルとアブラ生:200円】
本日一品目はボイルとアブラ生。符丁は「ボイルとアブラ(生で)1本づつ 塩で」。

IMG_8196
【カシラ:200円】
夕方になるとレバ、シロ、ガツ、アブラの4種類が残っていることが多い。今日もきっとそうだろうと思っていたら、なんとカシラが残っているとのこと。これは頼まないわけにはいかない。符丁は「カシラ 塩」。カシラはほぼお肉なので、もつ焼きが苦手な人でも十分楽しめる。最近は人気のようで、1人1セットの注文になっているようだ。久しぶりに食べたような気もするけど、食べごたえがあって美味しい。

IMG_8204
【大根:200円】
続いては大根。符丁は「大根 生姜のっけて お酢」。この符丁で注文するのが一番多いかもしれない。

IMG_8215
【梅割り:200円】
ビールもあっという間に無くなったので、続いては梅割りにシフト。

IMG_8216
【シロ:200円】
さらに大好物のシロを注文。符丁は「シロ 素焼き お酢」。シロはどんな味付けにも合うけど、サッパリと素焼きで食べるのも美味しい。鮮度が良いのと丁寧な下処理があればこそ美味しく頂けるのである。

IMG_8227
そのシロに、大根に多めにのっけてもらった紅しょうがをトッピングして食べる。こうすることによってさらにサッパリ感が増す。人によっては、シロを塩焼きにして、煮込みの味噌につけて食べたりと色んな楽しみ方を持っていたりする。

IMG_8233
【梅割り:200円】
さらに梅割りをもう1杯おかわり。以前は3~4杯呑んでいたこともあったけど、最近は2~2杯半程度におさえることが多い。次のお店のこともあるけど、程々に呑むのが良いのかもしれない。

さて、そろそろお会計にしよう。お会計は1,600円也。

尚、注文の仕方は以下の記事を参照してみて下さい。  


どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。