みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_0074 
尾道の夜の2軒目は「たまがんぞう」。実は早い時間に行ってみたものの、予約で満席だったのだ。なので、とりあえず他のお店で軽く呑み、一旦ホテルに戻ってからの出陣。居酒屋の法則、2巡目を狙うのである。

事前に電話してから席が空いていることを確認。訪問してみると2階のカウンター席が空いていた。もっと早い時間に来れば良かったかな。店主さん曰く、今日は売り切れが多いとのこと。確かに早い時間はどのお店も混んでいたなぁ。

IMG_0083
【エビス生ビール:500円】
喉が渇いたので先ずは生ビール。いやー、今日は本当に疲れた。ビールが格別に美味い!

IMG_0086
【付け出し:200円】
まずはナスの煮浸し。良い味わいなので、この店は美味しいに違いない。

IMG_0103
【お造り2人前:1,280円】
訪問した時間が遅かったこともあり、残っているものからお造りを作ってもらった。量が少なめとのことで、お値段も通常のものよりお安くして頂いた。

どれも鮮度がよく美味しい。アジ、ホタテ、ハマチ、特にアナゴの炙りが良い感じで美味い。日本酒が呑みたくなってきたが、まだまだグッと我慢。

IMG_0115
【生搾りレモンハイ:500円】
2杯目は生搾りレモンハイ。こちらは自分で絞るタイプ。そう言えば広島、特に生口島はレモンで有名だったことを思い出した。

IMG_0127
【がんす:380円】
聞き慣れない名前だったので注文したのは「がんす」この辺りの名物とのことだ。一見、普通のフライのように見えるけど、魚をすり身にして、野菜などと混ぜ合わせ、衣としてパン粉をつけて揚げたもの。

魚の風味が口の中に広がり美味い!フライだけど日本酒にもよく合う優れもの。お値段もリーズナブルで良い。

IMG_0137
【宝剣:600円】
いよいよ満を持して日本酒へ突入。選んだのは宝剣。超辛口となっていたので頼んでみた。キレがあって美味しい。

IMG_0140
チェイサーとして仕込み水をいただく。日本酒は水を飲みながらいただくのが良い。

IMG_0147
【真鯛の骨蒸し:800円】
続いて真鯛の骨蒸しが登場。どんなものだろうと思ったら、鯛のアラのような部分を蒸したもの。アラと言っても食べるところが結構あるので肴として最高。ポン酢はオリジナルとのことだけど、これまた美味い!煮汁も出汁がよく効いていて、これだけでも酒の肴になりそう。

これは日本酒にピッタリ!よし、次も日本酒を頼むことにしよう。

IMG_0155
【天寶一:600円】
続いての日本酒は天寶一。こちらはかなり濃厚な味わい。日本酒を飲んでるぞとい感じさせるほど主張が強いが、これまた美味い。

肴はどれも美味しく、加えて日本酒もこだわりのものがセレクトされている。何を頼んだら良いか迷う人はお店の方に相談すれば間違いなく良いサジェスチョンをいただけるだろう。

店内もだいぶ落ち着いてきたので、しばし店長さんと雑談。肴の由来や産地、お酒の味から、はたまた尾道のことなど色々詳しく教えて頂いた。

途中カウンターに座っているお客さんとも談笑。お店の方がそういう雰囲気を作り出してくれるのも、心遣いなのだろう。

うーん、良い居酒屋だ。

さて、そろそろお会計にすることにしよう。税別4,940円。消費税は外税になるので、税込5,330円(端数は切り捨てとなる)

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。