みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

瀬戸田のサイクリングターミナルで自転車を返却する。借りたターミナルと異なるので、最初に払った2,000円のうち、保証金1,000円は戻ってこない。まぁ、これは仕方がない。そういうルールになっている。

P7150197_R 
歩いて瀬戸田の町を散策することにしよう。だいぶ前にこの町を訪れたことがある。しおまち商店街の寂れた感は相変わらずだけど、サイクリスト向けに色々設備が解放されている。 

P7150271_R 
この町の面白いところは様々な表情が見えること。

P7150269_R 
昔ながらの古い町並みがあったり、 
P7150283_R 

P7150290_R 

P7150257_R 
味のある路地裏があったり、

P7150239_R 
寂れた商店街だったり、往時は賑わっていたんだと思うけど、シャッターが降りているお店が多い。
 
BlogPaint 
そんな商店街の一角にローストチキン屋さんとコロッケ屋さんがある。どちらも人気のようで人集りが出来ている。一体どうしてここだけ?と思ったけど、列に加わるのはやめておこう。 

P7150224_R 
以前、というかかなり昔だけど、訪れた時には無かったと思われるおしゃれなカフェが出来ていた。レンタサイクルもやっているのだろうか。お洒落な自転車がズラリと並んでいる。

そう、こういうのに乗りたかったんだよ。。。

P7150180_R 
そんな町並みの中で異彩を放つのは耕三寺。この町に似つかわしくないド派手な外観。入場料がそこそこかかるので、外からのみ見学。 

P7150188_R 
でも、後で調べたら何だか面白そう。

P7150296_R 

P7150254_R 
そんなこんなで、しおまち商店街を中心にのんびり散策しながら港まで歩く。瀬戸田港から尾道港まで船に乗るのである。

それにしても瀬戸田港の建物がかなり綺麗になっている。以前の渋い雰囲気が良かったんだけど、これも時代の流れなのか。利用者も多いので、設備を新しくしたのかもしれない。

P7150301_R 
歴史のある街並みや、ノスタルジックな気分になる寂れたしおまち商店街、はたまたサイクリング向けの新たなオアシスがあったりと様々な魅力のある町。訪れたことはないけど平山郁夫美術館もある。時間があるなら、美術鑑賞も含めて、のんびり散策してみるのも良さそう。

つづく