みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

夕張から移動して帯広方面へ到着。こちらは、うって変わって暑い。それよりもお腹がへってきた。帯広といえば豚丼を思い出すけど、ジンギスカンも美味しい。

今回訪問するのはジンギスカンの白樺。帯広駅からはだいぶ離れているけど、11時の開店には間に合いそうだ。いやむしろ早く到着しそう。

P8060298_R
30分前に到着するとまだ誰も並んでいない。ちょっと早すぎたようで、15分前に再び訪れると、なんと行列が出来ている。しまった、1順目で入れるかなと思ったら、何とか大丈夫だったのでひと安心。

テーブル席、テラス席、座敷席がある。テラスか座敷が空いてたので座敷席でお願いする。

P8060285_R
メニューを眺めると、あれ?またまた値段が上がっているではないか。まぁここまできて何を言っても仕方がない。

ただジンギスカンを食べるのみ!!     

IMG_0838
ということで今回頼んだのは、【マトンジンギスカン:500円】、【ラムジンギスカン:750円】、【ライス小:150円】、【ウーロン茶:180円】!

IMG_0845
せっかく白樺に来たので、やはりマトン、ラムジンギスカンの両方を楽しみたい。ジンギスカンはマトン、ラム共にどちらもタレに漬け込んでいるタイプ。

IMG_0849
ということでどんどん焼いて食べよう。

まずは、ラムジンギスカン。これは相変わらず柔らかく美味い。ジンギスカンが初めての人なら、まずこちらをオススメする。

一方のマトンジンギスカンは、マトンということもありラムに比べると弾力があるけど、一般的なマトンに比べると十分柔らかく美味い。恐らくきちんと下処理をしているからだろう。さらに濃厚な味わいが特徴。どちらが 好きかと言われても、どちらも美味いと答える。ポイントは焼き過ぎないこと。これはジンギスカン全般に言えることかもしれない。

そしてジンギスカンをおかずにライスを頂く。サイズは小なのであっという間になくなってしまった。 

最後はウーロン茶。180円ということもありコップは小さめ。ライス同様あっという間に飲み干してしまった。

お会計は1,580円也。もちろん消費税込。

後でレシートを見たら、マトンは「肉」、ラムは「ラム」とだけ書いてあった。やはり基本はマトンなのだろう。昔はラムは無かったのかな。いつの間にか登場して、その時の名前はラム肩ロースだったように記憶している。        

ここ最近は富良野の支店ばかりだったけど、やはり本店という響きが良い。席数は本店の方が少ないようなので、手軽さだったら支店の方が良さそう。本店は十勝ワイン、支店は富良野ワイン、場所によってワインの種類が異なるのも面白い。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。