みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_1017
釧路の居酒屋めぐり。1軒目に訪問するのは鳥善(とりよし)。

こちらの名物はザンギ。ザンギとは鳥の唐揚げのようなもの。鳥の唐揚げと何か違っているような気もするので、一応敢えてそう呼んでみる。

釧路にはザンギで有名なお店はいくつかあると思うけど鳥松と鳥善は比較的近所に店舗を構えている。鳥松には行ったことがあるけど、鳥善は今回が初めての訪問。

さっそく店内へ入ってみる。カウンター席だけかと思ったらテーブル席もあるようだ。

カウンター席に座ろうとすると、隣に座っていた人はお客さんではなく、お店の方だった。

「うちはご飯はないけど、大丈夫?」

最初は、「はて?」と思ったけど、もちろん無くて大丈夫。そもそも、飲む時はご飯は食べない方だから。

IMG_1027
【生ビール:500円】
ビールにはザンギ、ザンギにはビールという持ちつ持たれつ、切っても切れない関係。ということで生ビールを注文!

IMG_1034
こちらのお店は至ってシンプルなメニュー。ザンギの他にから揚げがある。

ん?「ザンギ」と「から揚げ」の違いはどの辺りなのだろう。

IMG_1042
【お通し:200円】
お通しは定番の枝豆。お通しの値段は曖昧なお店も多いけど、メニューに「お通し200円」ときちんと書いてあるところに好感が持てる。

IMG_1046
「お兄さん、食べ方分かる?お皿にソースを入れて胡椒をたっぷりね」

もちろん食べ方は知っているけど、郷に入れば郷に従えということでアドバイス通りにしてみる。

ソース自体は甘めだけど、胡椒をかけてよく混ぜると確かに良い感じになる。これでザンギを食べたら確かに美味しそう。

IMG_1050
一度に2種類のザンギがやってきた。紙で仕切られているので分かりやすい。

IMG_1055
【ザンギ骨つき:700円】
まずは骨付きザンギ。ホネについている部分のお肉が美味しいと言うけど、これを食べるとその言葉を思い知る。骨付きなんだけど、食べるところが結構あるのが特徴。これは美味しい!

IMG_1053
【ザンギ骨なし:700円】
もうひとつの骨なしザンギは、部位としては胸肉の部分が中心のようだ。サッパリとしているけど、パサパサ感はなく、こちらも良い感じ。

どちらも美味しいけど、片方を選べと言われれば骨付きの方を選ぶだろう。

しばらくビールを飲みながら食べていると、お店のご主人が、

「美味しい?それは良かった」

「お兄さん、どこから来たの?観光?」

「常連さんは骨付きと骨なしの両方を食べるんだけど、1人でも普通に食べられるでしょう?」

そう言われてみれば、先程までいた隣の3人組のお客さんは、1人1人前で3人前をシェアして食べている。確かに人数が入ればそれもありだけど、きっと観光客なんだろう。

まぁ自分もそうだけど(笑)

鳥松に勝るとも劣らず良いお店。ザンギのはしご酒、いや渡り鳥なんていうのも鶏肉&揚げ物好きにはたまらないだろう。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。