みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_1272
鳥松からの2軒目は万年青(おもと)。昨日訪問しようとしたら休みだったのだ。今回が初めての訪問である。

さっそく店内へ入ってみると、横長のコの字カウンターが渋い。女将さんが黙々焼いている。入ってきた自分に気が付かなかったようで、他のお客さんが声をかけてくれた。どうもありがとうございます。中央よりやや左側のカウンターに座る。

お客さんの入りは7割程度といったところか。

IMG_1280
【ハイボール】
まずはハイボールで乾杯!もやは全国共通のドリンクとなったと言っても過言ではない。

IMG_1287
【お通し】
お通しはカツオのタタキ。まさかお通しでカツオのタタキが出てくるとは。これは高いに違いない(汗)でも、味は美味しい。

IMG_1337
目の前にはおでんのケースが並んでいる。正統派のおでん種の他に、シュウマイ、トマト、もち巾着、ロールキャベツ、フランクフルト等もあるようだ。せっかくなのでいくつか頂いてみることにしよう。

IMG_1343
おでんだけでなく、目の前には魚も並んでいる。色々と目移りして困る(笑)

IMG_1283
【おでん】
まずはおでんがやってきた。選んだのは、もち巾着、大根、こんにゃく。どれも味が染みていて美味しい。正直、子供の頃、おでんというと全くトキメキが無かったけど、大人になると食べたくなるから不思議なものだ。きっと、あっさりとした出汁の味わいが大人向きなのだろうか。いや、酒の肴にピッタリだからかもしれない。

IMG_1305
2枚目もハイボールをおかわり!

IMG_1297
【ほっけ】
暫らくすると、先程注文したホッケが焼きあがったようだ。で、デカい!!というか目の前に並んでいる時点で気がつけば良かった。きっとこれは高いだろう。

身はふっくらとして食べごたえがある。1人というよりは2人位で食べるにちょうど良いボリューム。

IMG_1313
ホッケの骨が無いなぁなんて思っていたら、女将さんが骨をさらに炙ってせんべいにしてくれた。サクサクとした食感がたまらない。余すところなく食べられるのが嬉しい。

うーん、酒がすすむ。
さらに3杯目もハイボールをおかわりすることにしよう。

「お兄さんは観光?」

『そうなんです。昨日こちらに来たんですけど、ちょうど休みだったので、今日改めて来てみました。』

「あら、申し訳ないわね。昨日はお休みを頂いていてねぇ」

店内をふと眺めていると、ある張り紙に気が付いた。なんと神楽坂にもお店が出来たようだ。へぇー、知らなかった。女将さんによると息子さんがそこで働いているらしい。機会があったら是非行ってみてくださいとのこと。

お会計は5,780円。結構お高めなのはきっと、お通しとほっけだと思う。「しらかば」もそうだけど、出来れば値段が書いてあると小心者にはありがたい(笑)

IMG_1333
どうもご馳走様でした。ではそろそろ帰ることにしよう。