みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_2912
今日は「神田 まつや」に訪問。最寄駅は淡路町、もしくは小川町になるけど、神田からも歩けないことはない。

お昼を過ぎているけど、店内は多くのお客さんで賑わっている。平日の昼間だと言うのに、呑んでいるお客さんが多いということに驚かされる。

IMG_2923
いつものように「もりそば」を食べようかと思ったけど、よく見ると「季節の御品書」なるものがある。まつやには蕎麦以外にうどんもあるけど、ひやむぎもあるのか。季節のお品書きとは言え、これは面白い。せっかくなので食べてみることにしよう。

IMG_2925
【手延べひやむぎ(もり汁):850円】
つけ汁は、もり汁とごま汁の2種類から選ぶことが出来るけど、今回は「もり汁」を選択。まつやで蕎麦以外のものを食べるのは初めてなので、何だか不思議な感じがしないでもない。

IMG_2936
大きな器の中には大きな氷。やや平らな形をしたひやむぎ。椎茸に麩と大葉、そして卵豆腐が入っており、落ち着いた彩りが美しい。

薬味はきざみネギと和がらし。そうか、ワサビではないのか。

やや平らな形をしたひやむぎは長く細めながらもツルツルとして喉越しが良い。

半分位食べたところで、もり汁に和がらしを加えてみる。ピリッとしてワサビとはまた違った美味しさ。最後に卵豆腐をもり汁へ投入。当たり前だけど、これまた良く合う。ひやむぎというシンプルな食材だけど、色々と楽しめるのが嬉しい。

当初予想していたよりも、ひやむぎのボリュームが多かった。なかなか食べる機会がなかったから今日はこれを食べて良かった。

季節の御品書なので、間も無く終了なのだろう。季節感を味わうには、旬の食材を頂くのが一番良いとつくづく思う。

IMG_2947
もちろん最後は蕎麦湯でしめる。 

次回はカレー南蛮か天南蛮でも食べてみることにしようかな。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。