みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

焼きそばを食べ終え、宇都宮の街を歩く。せっかくなのでやはり餃子も食べたい。有名な正嗣、みんみんに行ってみたら予想通り行列。しかもこれまで見たことがないくらいの長蛇の列(汗)これはかなり待つだろう。その影響もあるのか、あまり知られていない近所の餃子屋さんにも行列が。これは潔く諦めて、次の候補であった香蘭へ行くことにした。

IMG_3549
香蘭は惜しまれつつ1度は閉店したものの、熱心なファンの声に押されて復活を遂げた伝説のお店らしい。

行列は無かったけど、満席の為、店内で5分ほど待ってカウンターへ。

メニューは至ってシンプルで、焼餃子、揚餃子、水餃子の3種類。順番が焼餃子の次が揚餃子なのが珍しいなぁと思ったら、どうやら以前は焼きと揚げの2種類だったようだ。

その他のメニューは、ライス(100円)、ビール(500円)、ウーロン茶(200円)のみと潔い。ライスとビールが置いてあるのは重要なポイントでもある。

3種類の餃子を食べようかと思ったけど、さすがに焼きそばを食べた後なので、2種類にしておこう。もちろんビールは注文するとして、問題はどの餃子を食べるか。焼餃子は当たり前として、揚餃子か水餃子か。うーん、悩ましい。

でも、ビールに合うのは揚げだろうという結論に至り、焼餃子と揚餃子を注文!

IMG_3507
【瓶ビール中瓶:500円】
当然の如く、まずは瓶ビールで乾杯!!餃子が来るのをじっくり待つ。

IMG_3513
【焼餃子:250円】
という願いが通じたのか、あっという間に登場したのは焼餃子。ビールと並んだビジュアルが美しい。

IMG_3522
サイズはやや小ぶりなサイズ。皮は薄いながらも、焼き面はサクッと、上面は適度にもっちりとしている。ニンニクも効いて、これぞ宇都宮餃子といった味わいで美味い。

IMG_3533
【揚餃子:250円】
水餃子と散々迷ったけど、判定は揚餃子!これまで食べた揚餃子とは異なり、黄金色をしており、なんと紅塩岩塩が一緒に出てきた。へぇー、これで食べるのか。いざ食べてみると、おぉー、これは美味い!岩塩と餃子がピッタリ合うのである。皮はしっかりしており、ビールとの相性も抜群!

皮が香ばしいのは、ごま油を加えた油で揚げてあるのかな?それなら黄金色をしているのも納得。

正直、これまで揚餃子って評価が難しいなぁと思っていたけど、この揚餃子は好みで美味い!ビールが無かったらまた違った評価になったかもしれないけど、是非ビールと一緒に頂きたい。

迷った甲斐があったけど、今日は揚餃子を選んで正解。

正嗣、みんみんに入れなかったは残念だったけど、結果的に嬉しい誤算。次回宇都宮に来た時の候補の1つに加えることにしよう。

それにしても餃子というのは奥が深い。久しぶりに新規で色んなお店を回ってみたくなった。

どうもご馳走様でした。次回訪問する機会があれば、3種類全てを食べてみよう。またお邪魔したいと思います。