みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_5106
今日は神保町にある揚子江菜館(ようすこうさいかん)に訪問。最近購入した雑誌によると、元祖冷やし中華のお店らしい。かなりビビッドな外観が印象的。

季節外れに冷やし中華ねぇ。そう言えば、タレが甘めと聞いたことがある。うーん、甘いのか。自分の舌で確かめてみたいが、そもそも季節外れのこの時期に冷やし中華か。。。。。

メニューをよくみると、名物の上海式肉焼きそばがある。元祖と名物、うーん、どちらにするか。。。

散々悩んだ挙句、上海式肉焼きそばに決定!固焼きと柔焼きが選択出来るけど、今回は柔らか焼きを選択。

セットメニューということで、シュウマイか杏仁豆腐が選べるとのことなので、シュウマイを選択。

IMG_5112
それ程待つこと無くシュウマイが2個登場。これがずっしり重く、なかなか食べごたえがある。

IMG_5118
【上海式肉焼きそば:1,300円】
しばらくしてから、上海式肉焼きそばが登場。どうやら池波正太郎氏が愛した逸品らしい。

肉焼きそばとなっているものの、もやしや玉ねぎ、キクラゲなどの野菜炒めが覆っており、肉は気持ち程度に入っている。野菜を食べ進めると、その下にある麺が現れる。

IMG_5125
麺は極細麺で焼き目もはいっている。これを野菜と絡めて食べる。麺単体で食べるとかなり薄味なので、具と一緒食べるとバランスが良い感じになる。

シンプルな味付けということもあり、全体としてはやはり薄く感じるのは気のせいか。きっと常日頃、濃いめの食べ物ばかり食べているからかもしれない。途中、お酢を少しかけて食べてみる。そのままの方が味のバランスが良いような気もするけど、このあたりは好みの問題かな。

IMG_5109
どうもご馳走様でした。また機会があればお邪魔したいと思います。