みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

P8100839_R 
この日はのんびり美瑛の丘をめぐりをする事に決めていた。道東の雄大な景色も北海道らしい風景であるが、この美瑛の丘も北海道を代表する風景である。         

P8100849_R 
過去何度も訪問しているけど、暫らくすると再び訪れたくなるから不思議なものだ。 

P8100851_R 
美瑛の丘には有名なスポットがいくつかあるけど、その中の1つであるセブンスターの木。観光客の皆さんが写真を撮りまくっているので、間隙をついて1枚。 

P8100872_R 
広大な畑には色んな作物が栽培されている。一面の白い花畑、これは何の花だろう?蕎麦かな?? 

P8100885_R 
遠くまで畝る丘の風景は美瑛の代名詞でもあり、これぞ北海道の風景と感じさせてくれる。 

P8100038_R 
何気なく走っていたら、いつの間にか新栄の丘に到着。 

P8100043_R 
この辺りはひまわり畑が広がっている。年によって異なるけど、今年のひまわりは比較的小さいような気がする。  

P8100051_R 
何気ない風景も絵になる。 

P8100919_R 
続いては四季彩の丘へ。いわゆる観光ファームということもあり、観光客多数。  

P8100926_R 
以前に訪れた時よりも奥まで花畑が広がっており、圧巻のスケールになっていた。 

P8100932_R 
圧巻なのは花畑だけでなく、海外からの観光客の数。その中でも圧倒的に多いのはやはり中国からの観光客だろう。日本人の割合は少ないかもしれない。             

P8100080_R 
続いては千代田の丘へ。塔のような見晴台が印象的。その前の丘を牛がのんびり歩いている。 

P8100083_R 
この辺は牧歌的な風景が広がる。 

P8100089_R 
展望台周辺の景色は見晴らしが良い。 まぁ、展望台があるから当たり前か。

P8100103_R 
せっかくなので久しぶりに拓真館に行ってみる。前田真三氏の有名な写真館。のんびりと丘めぐりだけでなく、作品を鑑賞するのも面白い。 

P8100098_R 
やはり美瑛はゆっくり回った方が楽しめる。早い時間は曇りだったけど時折陽が出てくる。快晴よりも多少雲があった方が景色が映える。 

P8100894_R 
何気ない花も良い感じ。 

P8100900_R 
8月の上旬だというのに既に刈り取られている畑が多い。北海道の夏は短い。もう間もなく秋を迎えるのだろう。  

つづく