みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

養老牛温泉を満喫して時計を見ると、まだまだ時間がある。少し考えて、野付半島に行ってみることにした。過去1、2度位訪問したことがあるけど、トドワラの記憶が多少がある程度で、正直なところあまり印象が無い。

P8080805_R 
思ったより時間がかかったけど、野付半島へ到着。そうだ、この風景だった。 

P8080821_R 
日本最大の砂嘴。立ち枯れしたトドワラが連なり、この世の果てのような淋しげな風景が広がる。 

P8080815_R 
何かの植物があるのか、散策している人が結構いたりする。ネイチャーセンターで調べたら、初夏から花が咲き変わり、別名フラワーロードとも呼ばれるらしい。訪問したタイミングが悪かったのか、あまり花は見られないようだ。天気も関係しているのかもしれない。  

P8080812_R 
半島の先端に進んでいくにつれて最果て感が増してくる。生活感がまるで感じられない独特な雰囲気。この先は関係車両以外、立ち入りが出来ないようだ。  

折り返して戻る途中、会津藩士の墓がある。江戸時代、この地の北方警備にあたっていたようだ。 

さて、この日も釧路に宿泊。もう少し効率的に回れば良かったんだけど、こればかりは仕方がない。昨日のリベンジとばかりに、釧路の夕日を期待したけど、明らかに曇りでそれは望めそうもない。

慌てず騒がず釧路の街を目指すことにしよう。

つづく