みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_4589
今日は立石にある鳥房に訪問。鳥の唐揚げで有名なお店である。

引き戸を開け店内に入ると、カウンター席は満席なものの、座敷には空き席がある。今回はそちらに座らせて頂く。

IMG_4595
【ビール大瓶:550円】【お通し:150円】
まずは瓶ビールを注文。大瓶はお腹いっぱいになるので最近は遠慮していた。でも、鳥房に来るとやはりビールを頼んでしまう。

お通しは鳥皮の生姜煮。これが良い肴なのだ。値段は書いていないけど、逆算すると150円くらいかな。

本日の唐揚げは650円、700円、780円の3種類。650円を注文することにしよう。

IMG_4597
【ぽんずさし:550円】
唐揚げは時間がかかるので、ぽんずさしを注文。鳥刺しに唐辛子やネギなどの薬味がトッピングされ、ポン酢がたっぷりかかっている。この薬味をこぼさないように、鳥刺しでくるんで食べるのがポイント。と、お姐さんからアドバイスを頂いた。久しぶりに食べたけどやはり美味い。

IMG_4606
【若鳥唐揚:650円】
そしてしばらくすると、お待ちかねの若鳥唐揚が登場。お姉さんの申し出を断り、解体作業は自分でトライすることにした。

IMG_4617
やや我流ではあるけど、そこそこ解体できたので、これで良しとしよう。

揚げたての鳥は香ばしく、特に黒くなっている骨の部分は熱いうちならバリバリ食べることができる。まんべんなく頂いて大満足。かなりお腹いっぱいになった。

鳥の唐揚げと同じ位、お姐様方の客あしらいで有名なお店だけど、きちんとしてれば意外と優しい。それにしても普段、冷たい人から急に優しくされると、人は何故過剰に反応してしまうのだろう。

お会計は1,900円也。

尚、鳥の捌き方が分からない方は以下のサイトをご参考にしてみて下さい。

京成立石 鳥房(とりふさ)のルールと鳥の唐揚げの食べ方(ばらし方/捌き方)
http://dodeshow.doorblog.jp/archives/42299940.html

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。