みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_7387
本日の最終目的地である「神馬」。もちろん予約してからの訪問である。少し時間があったので、二条駅から歩いてみることにした。

17時の開店時間前にお店に到着。中を覗くとすでにオープンしているようですんなり入店。カウンター席が中心となっているが、4人だったのでテーブル席に通される。

IMG_7408
もちろんテーブル席からでもお店の雰囲気は十分味わえる。

これまで何度も訪問しようと思って断念していた神馬。念願叶って今回が初訪問である。理由は最寄駅から少々離れていることと、繁華街からも離れているのでなかなか来れずにいたのである。

IMG_7404
席に着き、早速メニューをチェック。

IMG_7407
魚介を中心としたメニューはどれも美味しそう。
IMG_7452
一部のメニューはサイズによって値段が変わるのかな。

IMG_7458
全体としてメニューはお高めのようだ。

IMG_7395
【お通し:?円】
まずはお通しが登場。

IMG_7399
【生ビール小:300円】
本日は炭酸系のドリンクを呑み過ぎたようだ。ということで、生ビールの小で乾杯!

IMG_7413
【生ウニ:2,000円】
最初に登場したのは生ウニ。ボリュームの割に値段が高いが、味は間違いない。チビチビとありがたく頂こう。

IMG_7422
【鯖きずし:1,050円】
続いては鯖きずし。いわゆる「しめ鯖」である。これまた良い感じのしめ具合。

IMG_7434
【新さんま:1,000円】
旬の魚でもある新さんまの刺し。一見高くみえるけど、大ぶりにカットされており、食べやすく美味しい。

IMG_7437
【喜楽長:700円】
魚介がメインの時は日本酒に限る。朝から日本酒を呑んでいるけど、魚介にも合うのだから仕方がない。

IMG_7440
【はも焼霜:1,800円】
はも焼霜。これがまた良い味わい。少し炙ってあることによって、はも本来の風味が増している。加えてきちんと骨切りしてあるので気にせず食べることが出来る。手の込んだ、まさに京都ならでは味わい。

IMG_7447
【聚楽第:700円】
続いての日本酒は聚楽第(じゅらくだい)。

IMG_7463
【白壁蔵:?円】
さらに白壁蔵を追加。お酒がどんどんススム。

IMG_7467
【のどぐろ塩焼き:4,000円以上?】
そして真打ち登場、のどぐろ!メニューには半身2,000円からと書いてあるが、果たしてフルサイズはいくらなんだろう??いや、余計なことを考えてはいけない。折角なのでフルサイズを注文してみよう。1人だと破産してしまうが、4人なのでこういう時は非常に助かる。

しっかりと旨味がつまっており、これは間違いなく旨い!それにしても丸々一尾ののどぐろなんて初めて食べた。果たして次に食べられるのはいつになるやら。。。

IMG_7482
【お椀:?円】
最後はお椀で〆る。

古き良き雰囲気が漂う琥珀色をした店内は歴史を感じさせる。さすが京都を代表する居酒屋の1つである。値段はお高めだけど、複数で利用するのであればなんとか乗り切れそう。

IMG_7485
どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。

IMG_7492
そして最後は新幹線で軽く呑む。おつまみはSIZUYAのカルネ。シンプルだけど美味い。

うたた寝しつつ無事帰京するのであった。

終わり