みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_9657
錦ちゃん餃子からの4軒目は、焼鳥名物の相模屋へ訪問。

店内はカウンター席で座り呑み、外は立食いで焼鳥のみ食べられる。逆に言うと外ではお酒が呑めない。ひたすら焼鳥を食べるのみである。

BlogPaint
以前、店内で食べたことはあるけど、外で食べるのは今回が初めて。焼台の前は地元のお客さんで賑わっている。

IMG_9677
焼鳥が並んだカウンターの手前にはビルトインされた串入れが並んでいる。空いているところに食べ終えた串を入れていく。最後はその串を店員さんへ渡してお会計となる。どれでも1本80円なので、本数を数えるだけでお会計が可能なシステムとなっている。

IMG_9671
【ヒナどり:80円】
ということで、並べられた焼鳥を自由に取って食べる。老若男女問わず、皆さん肩を並べてひたすら焼鳥を食べる。

お値段80円ということもあり、サイズは小さめだけど、逆に言うと色んな種類を食べられるということでもある。お酒は呑めないけど、こんか感じで焼鳥を食べるのも面白い。

IMG_9690
もう1つ面白いのは自動焼鳥マシーンがあるところ。これはあまり見かけない機械である。種類や部位によって、焼台で店員さんが焼いたり、この自動焼鳥マシーンを使い分けているようである。

お会計はヒナどり2本、つくね2本の合計4本で320円也。まるで駄菓子屋感覚である。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。