みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

今日は立石。宇ち多゛に訪問。到着したのは19時前。

外で5分程待って入店。残っているものは限られるけど、平日の遅い時間はそれ程待たずに入れるのがありがたい。

席は鍋前の外の席。時期によっては少々寒さがこたえる時があるけど、それもまた良いのだ。

IMG_0586
【ビール小瓶:400円】
ということで、いつもの小瓶からスタート。

IMG_0589
【煮込み:200円】
煮込みが残り少なくなってきたので、ご主人に確認したらまだ大丈夫とのこと。ゆっくりと煮込まれていることもあり飴色に染まっている。これもまた夕方の楽しみかもしれない。

IMG_0593
【ボイル:200円】
続けてボイルを注文。符丁は「ボイル塩で」レバ生なき後、色んなお店が工夫して調理している。

最近はボイルを塩で頂くことが多いけど、しっとりとした食感がたまらない。

「ここからだと、色んな人間模様が見れて面白いね」

しばらく呑んでいると、隣のお客さんから話しかけられる。中で呑んでいると、自分の周辺にしか目がいかないけと、確かにこの席からだと中の様子を見ながら呑めるのが面白い。

IMG_0597
【アブラ:200円】
続いては焼物。この時間にオーダー出来るメニューは限られているので、アブラを頂くことにしよう。

符丁は「アブラ少ないところ素焼きお酢」。サッパリと頂けてこれまた美味しい。

まったり呑んでいると、

「中へどうぞ」

ご主人から声がかかった。同じ鍋前でも店内の席に移動する。

IMG_0613
【梅割り:200円】
そして梅割りにシフト。年中常温ということもあり、季節によって温度が異なる。

IMG_0614
【大根:200円】
さらに大根を追加。符丁は「大根生姜のっけてお酢」。紅生姜を多めにのせてもらい、お酢をかけてもらうのだが、最近はこの食べ方が多い。

IMG_0623
【梅半分:100円】
最後は梅半分を頂く。符丁は「梅半分」なので、そのままである。受け皿に溢れない程度にお酒を注いでくれる。半分は、これが最後という意味でもある。

本日のお会計は1,500円也。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。